松葉ガニの写真
松葉ガニ

カニ料理の写真
カニ料理

 

松葉ガニ (まつばがに)

冬、日本海から水揚げされるズワイガニを「松葉ガニ」と呼び、太い脚にぎっしりと詰まったカニ身は厚く甘みがあり、口当たりが独特。刺身や焼きガニ、カニすきなど、様々な料理が楽しめ、カニ漁解禁の11月上旬から3月下旬までこの味を求めて多くの人が京丹後を訪れます。
また、松葉ガニのメス、コッペガニは小ぶりだが値段が安く、たっぷり詰まった内子、外子がおいしい。
【シーズン】 11月上旬〜3月下旬

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


間人ガニの写真
間人ガニ

間人ガニの水揚げの写真
間人ガニの水揚げ

 

間人ガニ (たいざがに)

松葉ガニの中でも、間人漁港で水揚げされ、厳選された「間人ガニ」は水揚げ量が少ないことから“幻のカニ”とも言われています。
漁場まで30kmと近く、日帰り漁が可能なため、鮮度の良さは抜群。肉厚でとろりととろけそうな食感を求めて多くの食通が訪れます。
【シーズン】 11月上旬〜3月下旬

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


カキの写真
カキ

久美浜湾のカキ筏の写真
久美浜湾のカキ筏

 

カキ

波穏やかな久美浜湾で育まれたカキは形が良く、ぷっくりと太って豊かな味。海のミルクといわれ、ビタミン、ミネラルなどの栄養もタップリ。
カニと並ぶ京丹後の冬の美味として知られています。
【シーズン】 11月下旬〜3月中旬

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


丹後米の写真
丹後米

丹後米の稲刈りの写真
丹後米の稲刈り

 

米 (丹後米) (こめ (たんごまい))

ブナの自然林を有する山々から流れる水に育まれ、軟質米地帯と硬質米地帯(現在では軟硬質の区別はありません)の接点に位置する丹後地方は両方の良さを併せ持ち、丹後米コシヒカリは全国食味ランキングで度々「特A」の評価を得ています。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


ぶどうの写真

 

ぶどう

丹後の夏の陽光を十分に浴び、甘味と酸味のバランスが良い美味しいブドウです。 8月から10月まで多彩な品種を取り揃え、様々な味と果実の大きさを楽しむことができます。
久美浜町を中心に約33ヘクタール栽培されています。国道178号線沿いにある直売所等で購入できます。
【シーズン】 8月上旬〜10月中旬

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


メロンの写真

 

メロン

久美浜町、網野町で栽培される京丹後のメロンは、果肉がみずみずしく、さわやかな甘みと清涼感がいっぱいで、市場でも高い評価を得ています。
【シーズン】 6月下旬〜8月上旬


京たんご梨


京たんご梨

 

梨 (京たんご梨) (なし(きょうたんごなし))

大玉で、甘くてみずみずしい味わいが人気の京たんご梨は、京のブランド産品に認定されています。市内に広がる約100haの果樹園では、梨狩りも実施しています。
【シーズン】 9月中旬〜10月下旬

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


芋の写真

 

芋 (いも)

焼きイモにすると甘くてホクホクした食感がおいしいサツマイモ(甘藷)です。京丹後市では、国営開発農地で約22ヘクタール、砂丘地では8ヘクタール栽培されています。
国営開発農地産は「京かんしょ」、砂丘地産は「砂丘かんしょ」として出荷、販売されています。
【シーズン】 8月下旬〜10月下旬

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


このしろ寿司の写真

 

このしろ寿司 (このしろずし)

久美浜湾でとれたこのしろを1尾使った姿すし。
秋から冬にかけて脂ののったこのしろを背割りにして酢漬けにし、腹に味付けしたおからを詰める。手作りのため1日につくられる数は限りがあります。
冬に訪れた際にはぜひ一度お召し上がりください。
【シーズン】 12月上旬〜3月下旬

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


ばらずしの写真

 

ばらずし

さばのおぼろを使うのが特徴的な丹後の伝統料理。お祭りや祝い事など、人の集まるときに各家庭で作られるもてなし料理。
焼きさばを砂糖と醤油で甘辛く煮込んで作ったおぼろとすしめしを重ね、錦糸卵やしいたけ、かまぼこなどで色とりどりに飾ります。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


グラの写真

 

グラ (ぐら)

カニ漁が始まると低引網でいっしょに水揚げされるグラ(ノロゲンゲ)は、表面がゼラチン質でヌルッとしているのが特徴。
グラ汁にしてトロッとした汁を飲み、真っ白な身を食べると体が温まります。
【シーズン】 11月中旬〜3月下旬

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


丹後ちりめんの写真

 

丹後ちりめん (たんごちりめん)

京丹後市は「丹後ちりめん」発祥の地であり、日本一の絹織物産地。着物のほか、スカーフ、化粧品、小物など、斬新なアイディアを取り入れた彩り豊かなお土産がいっぱいです。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる


地酒の写真

 

地酒 (じざけ)

大正から昭和にかけて全国に名をとどろかせた「丹後杜氏(とうじ)」。この地方では伝統ある酒蔵からさまざまな銘柄の地酒が生み出されます。
京丹後で育まれた良質の米と水、そして極寒という風土から生み出される地酒。昔ながらの手づくりの手法で、伝統の味と香りを醸し出します。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる