久美浜湾全景の写真
久美浜湾の全景

久美浜湾の冬景色の写真
久美浜湾の冬景色

久美浜湾 (くみはまわん)

小天橋と称される砂嘴[さし]で湾口をふさがれた内海。
実際は日本海とつながっており、長さ約6kmの遠浅の白浜が続く小天橋の西端にわずか30mほどの水路がある。
波おだやかな久美浜湾ではカキの養殖が盛んに行われています。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる



夕日ケ浦の写真

【位置図】

夕日ケ浦の位置図
YAHOO!地図へ

夕日ヶ浦 (ゆうひがうら)

紺碧の海に白砂青松の浜が続く夕日ヶ浦。 そのすべてを赤く美しく染め上げ、ゆっくりと夕日が水平線に沈んでいく風景は、名にふさわしく圧巻で、一見の価値があります。日本の夕陽100選。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる



五色浜の写真

【位置図】

五色浜の位置図
YAHOO!地図へ

五色浜 (ごしきはま)

山陰海岸国立公園内にあり、入りくんだ岩場が特徴の浜。その名は波で磨かれ五色の光を放つさまざまな形をした石にちなみます。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる



最北子午線塔の写真

【位置図】

最北子午線塔の位置図

YAHOO!地図へ

最北子午線塔 (さいほくしごせんとう)

日本標準時子午線、東経135度の最北の地に立つシンボルの塔。
静神社に近い、日本海を望む景勝地にあり、日本標準時と世界標準時をデジタル表示しています。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる



琴引浜の写真
琴引浜

琴引浜の写真(遊海水浴場)
琴引浜(遊海水浴場)
琴引浜 あそび区公式HP http://www.asobiku.jp/

鳴き砂(石英砂)の粒の写真
鳴き砂(石英砂)の粒

琴引浜 (ことひきはま)  【国指定天然記念物及び名勝】

全長1.8kmに及ぶわが国最良・最大級の鳴き砂の浜。
人工物のない白砂青松の大変美しい海岸で、歩くと砂が振動することにより“キュッ、キュッ”と心地よい音で鳴きます。
鳴き砂は、とてもデリケートで、タバコの灰などが混入するとたちまち鳴かなくなることから、京丹後市ではこの貴重な鳴き砂を保護するために、浜辺での喫煙・花火・キャンプ等を条例で禁止しています。
将来にこの音色を残していくために、皆様のご理解・ご協力をお願いします。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる



城嶋の写真

【位置図】

城嶋の位置図
YAHOO!地図へ

城嶋 (しろしま)

周囲4Kmの島全体が自然公園となっています。防波堤や岩場は、釣りをはじめ磯遊びに最適です。家族で楽しめるスポット。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる



立岩の写真
立岩

雪化粧の立岩の写真
雪化粧の立岩

立岩 (たていわ)

周囲1Km、日本でも数少ない自然岩で、直線的で荒々しい岩肌に白い雪が降ると、美しい自然の芸術が目の前に現れます。季節ごとの違う表情が魅力。京都百景。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる



屏風岩の写真
屏風岩

夕日の屏風岩の写真
夕日の屏風岩

【位置図】

屏風岩の位置図
YAHOO!地図へ

屏風岩 (びょうぶいわ)

屏風のようにそびえる高さ13mもある奇岩で、北西にかけて小さい岩が5つほど海に浮かびます。夕日のスポットとしても人気です。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる



丹後松島の写真
 丹後松島の眺め

朝焼けの丹後松島の写真
朝焼けの丹後松島

【位置図】

丹後松島の位置図
YAHOO!地図へ

丹後松島 (たんごまつしま)

日本三景の一つ「松島」に似ていることから名がつけられました。名にふさわしく美しい風景で、特に朝と夕は光に映えて、絶景。京都百景。

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる



経ヶ岬灯台の写真

【位置図】

経ヶ岬灯台
YAHOO!地図へ

経ヶ岬灯台 (きょうがみさきとうだい)

丹後半島の先端、海抜140mの断崖に立つ白亜の美しい灯台。
青い海と空を背景に、白亜の灯台が美しく際だちます。明治31年(1898年)に初点灯。レンズは全国で5灯台しかない最高級の第1等レンズを使用。京都百景。


「近代化産業遺産群に認定(2009.2経済産業省)
  ・詳細はこちら
   → http://www.city.kyotango.kyoto.jp/cms/kanko/spot/umi/documents/kindaikaisan.pdf
  ・経済産業省ホームページ
   → http://www.meti.go.jp/press/20090206001/20090206001.html

このページのトップへこのページのトップへ  ページを閉じるページを閉じる