消防本部のあゆみ  消防業務の紹介   消防車両の紹介  お問合せ先・組織  京丹後市消防団 水難救助隊 
消防本部>消防本部のあゆみ ホームページトップ

京丹後市消防本部のあゆみ

昭和58年 2月
丹後6町連絡協議会において常備消防設置について検討 業務開始式
昭和59年 5月
丹後6町消防常備化推進委員会を開催
昭和62年 4月
丹後6町消防常備化推進委員会にて最終協議決定
昭和62年 4月
丹後6町初の常備消防「丹後広域消防組合消防本部」を設置



新規採用職員57名が消防学校に入校



消防庁舎が完成(本部・峰山消防署、網野分署、久美浜分署)

10月
常備消防「丹後広域消防組合消防本部及び峰山消防署」業務開始
昭和63年 7月
スキューバ隊を発足
平成元年 10月
峰山消防署竹野川分遣所完成

11月
峰山消防署竹野川分遣所業務開始(救急車・広報車)
平成2年 8月
電源照明車を峰山消防署に配備

2月
訓練塔の完成

9月
救急救命士養成のため1名派遣(京都市)
平成4年 4月
京都府立消防学校へ教官を派遣
平成7年 1月
阪神・淡路大震災に伴う救助隊派遣(延べ60名)

12月
第1号となる「高規格救急車」を峰山消防署に配備
平成9年 1月
ナホトカ号重油流出災害発生。回収作業並びに救護要員として出動。

8月
第26回全国消防救助技術大会「はしご登はんの部」に1名が出場(千葉市)
平成10年 4月
携帯電話からの119番通報運用開始
平成11年 3月
高規格救急車を網野分署に配備



水難救助用ゴムボートを峰山消防署に配備 新指令室

8月
広報「たんごの風」第1号 発刊
平成14年 3月
新指令システム運用開始

8月
第31回全国消防救助技術大会「応用登はんの部」、「ほふく救出の部」に5名が出場(名古屋市)



広報紙「たんごの風」が第5回全国消防広報コンクールで入選
平成15年 3月
救助工作車U型を峰山消防署に配備



丹後メディカルコントロール協議会の発足

12月
高規格救急車を久美浜分署に配備
平成16年 3月
丹後広域消防組合 解散

4月
市町村合併により「京丹後市」が誕生。これに伴い「京丹後市消防本部」が発足

7月
福井豪雨に伴い緊急消防援助隊京都府隊として救助隊が出動

8月
第33回全国消防救助技術大会「応用登はんの部」に2名が出場(三木市)

10月
台風23号、京丹後市にも甚大な被害の爪痕を残す



広報紙「たんごの風」が第7回全国消防広報コンクールで入選
平成17年 8月
京丹後市総合防災訓練(集団救急事故想定)本庁 集団救急訓練写真

8月
救急救命士の処置拡大に伴う「気管挿管実習」が始まる

8月
第34回全国消防救助技術大会「応用登はんの部」に2名が出場(さいたま市)

10月
京丹後市消防のホームページが、第8回全国消防広報コンクール「ホームページ部門」で入選

12月
京丹後市に20年ぶりの大雪
平成18年 1月   携帯電話からの119番通報、直接受信方式の運用開始  

4月
認定救命士の処置拡大に伴う「薬剤投与体制」の運用開始

5月
航空自衛隊経ヶ岬分屯基地と火災出動での連携に関する覚書調印 土砂災害

6月
(株)にしがき所有の本社ヘリポートを救急患者搬送時のヘリコプター離発着場として無償借用する覚書調印

7月
7月豪雨により丹後町間人地域で土砂災害発生、2名が犠牲

8月
第35回全国消防救助技術大会「ほふく救出の部」に3名が出場(札幌市)

11月
「救マーク認定制度」を創設、認定事業所に対し認定証を交付

平成19年 4月
京都府立消防学校へ教官を派遣



7月
(株)日進製作所から水難救助用のボート・船外機の寄贈を受ける



8月
第36回全国救助技術大会「ほふく救出の部」に3名が出場(東京)
京都府総合防災訓練(会場―京丹後市)への参加




11月
京都府テロ災害合同実働訓練に参加(舞鶴市


平成20年 8月
第37回全国救助技術大会「ほふく救出の部」に3名が出場(北九州市)



10月
クロロピクリン散布事故発生



11月
鉄道事故対応合同訓練(京丹後市消防本部・北近畿タンゴ鉄道梶E警察)


平成21年 5月
網野町掛津の旅館火災に管内の消防隊全隊が出動 技術訓練「水上の部」


7月
東近畿地区消防救助技術指導会
技術訓練
 「水上の部」に出場(府北部5消防本部合同隊)



10月
消防職員意見発表会、職員が府発表会で「最優秀賞」を受賞(近畿大会出場)




「消防緊急援助隊近畿ブロック合同訓練」で編み構造ロープによる高所救出訓練を実施


11月
京都府北部総合防災訓練を実施(弥栄町鳥取小学校)


平成22年 4月
ドクターヘリ 京都、兵庫、鳥取の3府県で運航開始


平成23年 3月
東日本大震災に伴い、京都府隊として宮城県南三陸町へ職員32名を派遣



12月
過去最高の年間救急出動件数を記録(2,591件)


平成24年 6月
敦賀海上保安部「巡視船えちぜん」との合同潜水訓練を実施


平成25年 4月
掘削工事中のトンネル内で崩落事故、1名が犠牲



8月
第42回全国消防救助技術大会「ほふく救出の部」に3名が出場(広島市)

   平成26年 10月
認定救命士の処置拡大に伴う「(1)心肺機能停止前の重度傷病者に対する静脈路確保および輸液、(2)血糖測定と低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与」の運用開始
 

平成27年 2月
高機能消防指令システムおよび消防救急デジタル無線運用開始
水戸谷トンネル総合防災訓練


平成28年 4月
熊本地震に伴い、京都府隊として熊本県熊本市・益城町・南阿蘇村へ職員9名を派遣


10月
山陰近畿自動車道・野田川大宮道路が10月30日に開通
これに先駆け、水戸谷トンネル内で関係機関と連携した総合防災訓練を実施

消防本部 生活安全情報 予防情報館 救急案内 申請・届出  講習会 キッズコーナー

Copyright(C)2005 Kyotango City Fire Department. All Rights Reserved.