救急車について  心肺蘇生法   応急手当  子供の事故防止  PA活動  AED  救マーク  ドクターヘリ
救急案内応急手当 心肺蘇生法>倒れている人がいる  ホームページトップ

倒れている人がいる(成人の心肺蘇生法)
成人小学生以上が対象となります。


 私たちは、いつ、どこで、突然けがや病気におそわれるか予測できません。

 このようなときに、病院に行くまでに、家庭や職場でできる手当てのことを
応急手当といいます。

 救急車が現場に到着するまで、全国平均で約8分間かかります。救急車が来るまで何らかの処置をしないと命は助かりません。
心停止の予防、早期認識と通報、一次救命処置をあなたにつないでいただくしかありません。

 倒れた人の意識がなくて重篤な状態と思ったら、すぐに救急車を呼んで下記の方法で救命処置を行ってください。



倒れている人がいる


1.反応(意識)を確認する。


2.助けを呼ぶ

倒れている 意識を調べる 助けを呼ぶ

●現場周囲の状況等、自分の安全を確保したうえで傷病者に接触します。


●傷病者に近づき、耳もとで「大丈夫ですか?」もしくは「もしもし」と呼びかけながら、傷病者の肩を軽くたたき、反応があるかないかをみます。


●反応がなければ大きな声で「誰か来て!人が倒れています。」と助けを求めます。
●協力者がきたら、「あなたは119番へ通報して下さい。」「あなたはAEDを持ってきて下さい。」と具体的に依頼します。
●もし誰もいなければ
119番通報をまず行います。(指令室員が手順を指導してくれます。)

3.呼吸の確認


4.胸骨圧迫(1)

5、胸骨圧迫(2)
意識を調べる 心臓マッサージ

●傷病者のそばに座り、10秒以内で傷病者の胸や腹部の上がり下がりを見て、普段どおりの呼吸をしているか判断します。

●傷病者に普段どおりの呼吸がないと判断したら、ただちに胸骨圧迫を開始し、全身に血液を送ります。
●胸の真ん中に、片方の手の付け根を置きます。


●他方の手をその手の上に重ねる。両手の手を互いに組むと、より力が集中します。

6.胸骨圧迫(3)


7.胸骨圧迫(4)


8.気道確保

心肺蘇生法 気道確保

●肘をまっすぐ(垂直)に伸ばして手の付け根の部分に体重をかけ、傷病者の胸が少なくとも5cm沈むほど「強く、速く、絶え間なく」圧迫します。
●注意
※ 肘は曲げない。まっすぐ(垂直)。
※ 斜めに圧迫しない。

画像にマウスを移動させてください。

●1分間に少なくとも100回の速いテンポで30回連続して絶え間なく圧迫します。
●圧迫と圧迫の間(圧迫を緩めるとき)は、胸がしっかり戻るまで十分に力を抜きます。
※小児に対しては、両手または片手で胸の厚さの1/3が沈むほど強く圧迫します。


●気道確保(頭部後屈あご先挙上法)で傷病者の喉の奥を広げて空気を肺に通しやすくします。
●片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本をあご先(骨のある硬い部分)に当てて、頭を後ろにのけぞらせ(頭部後屈)、あご先を上げます。(あご先挙上)。


9.人工呼吸(口対口人工呼吸)


10.30回の胸骨圧迫 ポイント


11.2回の人工呼吸 ポイント

人工呼吸 人工呼吸

30回の胸骨圧迫終了後、口対口人工呼吸により息を吹き込みます。
●気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で傷病者の鼻をつまみます。
●口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息を約1秒かけて吹き込みます。傷病者の胸が持ち上がるのを確認します。
●いったん口を離し、同じ要領でもう一回吹き込みます。(2回)

●この胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ(30対2のサイクル)を、救急隊に引き継ぐまで絶え間なく続けます。
●胸骨圧迫を続けるのは疲れるので、もし救助者が二人いる場合は、1〜2分間を目安に、胸骨圧迫の役割を交代するのがよいでしょう。



2回の吹き込みで、いずれも胸が上がるのが理想ですが、もし胸が上がらない場合でも、吹き込みは2回までとし、すぐに胸骨圧迫に進みます。
●人工呼吸をしている間は胸骨圧迫が中断しますが、その中断時間はできるだけ短くなるようにします。
●傷病者の顔面や口から出血している場合や、口対口人工呼吸がためらわれる場合には、省略し、胸骨圧迫のみを続けます。

※参考 回復体位


「普段どおりの呼吸なし」とは? 心肺蘇生を中止するには?



心肺蘇生法


●反応はないが普段どおりの呼吸をしている場合は、気道の確保(頭部後屈あご先挙上法)を行います。
●嘔吐がある場合は傷病者を横向きに寝かせます。このような姿勢を回復体位といいます。


●胸や腹部の動きがない場合。
●約10秒間確認しても呼吸の状態がよくわからない場合。
●心停止直後はしゃくりあげるような途切れ途切れに起こる呼吸が見られることがあります。この呼吸を
「死戦期呼吸(あえぎ呼吸)」といいます。
 
「死戦期呼吸(あえぎ呼吸)」は正常な呼吸(普段どおりの呼吸)ではありません。

●救急隊に心肺蘇生を引き継いだとき。
※救急隊が到着してもあわてて中止せずに救急隊の指示に従って下さい。
●心肺蘇生を続けているうちに傷病者が目をあけたり、普段どおりの呼吸をし始めた場合。



消防本部 生活安全情報 予防情報館 救急案内 申請・届出  講習会 キッズコーナー

Copyright(C)2005 Kyotango City Fire Department. All Rights Reserved.