119番通報 大切な人を守る 火災から身を守る(消火器編) 火災から身を守る(煙編) 火の用心クイズ 地震対策 消火栓の使い方 患者等搬送事業
生活安全情報119番通報>119番通報の要領
ホームページトップ
119番通報の要領

このコーナーでは、火事の通報や救急車を呼ぶときなど119番をダイヤルされる場合のポイントや通報要領などについて紹介しています。

「あわてず、落ち着いて係員の質問に答えてください!」

119通報イメージ

お急ぎになる気持ちはわかりますが、出動に必要なのは的確な情報です。係員の質問にあわてず、落ち着いて答えることが最も効率の良い通報です。
 では、具体的な通報要領(例)のポイントを、固定電話からの通報携帯電話からの通報に分けて紹介していきます。最後に、参考としてIP電話からの緊急通報についてもふれました。

通報のポイント

ポイント

落ち着いて、係員の質問に答えてください

何が起きたの?


あわてずに「火事」「救急」の別を


場所はどこ?

○○町○○ △△△△番地の□□さんのお宅が火事です。

正確な場所がわからない時は、近くの目標となるものを(建物、交差点、橋など)


どんな状態?

具体的にはっきりと

・・・「家の1階の窓から炎が吹き出している」、「台所から出火、火が天井まで届きそう」
逃げ遅れ、ケガ人の状況などもあわせて!

・・・「車同士の交通事故でケガ人が3人いる」、「挟まれて車内に1人取り残されている」
意識の状態やケガの状況、出血の有無、既往症なども!


通報はできるだけ詳しくお願いします。
<状況により救急車、救助工作車、消防車等を追加出動させます>


固定電話からの通報

−119番通報例−

はい、京丹後市消防本部です。火事ですか、救急車ですか。


火  災


救  急


通報者


火事です


通報者


救急です


消防本部


場所はどこですか。


通報者


△△町××の○○です。□□商店の近くです。


消防本部


何が燃えてますか

消防本部


どうしましたか

通報者

例1:家の台所が燃えています
例2:隣の家の2階の窓に火が見えます
例3:交通事故の車が燃えています
例4:家の北側の山の中腹に煙が見えます

通報者

例1:おじいさんが、トレに行く途中に突然倒れました
例2:車同士の交通事故で、ケガ人が数名あるようです
例3:おばあちゃんが、玄関先で転んでケガをしました

消防本部

どこが、どのくらい燃えてますか

消防本部

何歳くらいの方で、どんな様子ですか

通報者

例1:天プラ油に火がつき、天井まで届きそうです
例2:向かいの2階建ての民家の1階窓から炎がふき出してます
例3:車全体が炎に包まれてます
例4:火は見えませんが、黒い煙がもくもくと上がってます

通報者

例1:92歳で、倒れたままイビキをかいていて、揺すっても反応がありません
例2:40歳代の男性2人が、頭から血を流し、道路脇に座って警察官と話してます。もう1台の車の運転手は、何かに挟まって、車外に出られないようです
例3:90歳で、意識はしっかりしていますが、左肘のあたりが変形していて、触るとすごく痛がります

消防本部

逃げ遅れやケガ人はありませんか

消防本部

既往症やかかりつけの病院を教えてください

通報者

例1:皆、無事に避難してます
例2:運転手が、左腕に火傷を負ってます

通報者

例1:5年前に○○病院で、脳梗塞の手術を受け、1年ほど入院しました。今も、月に1回通院しています
例2:3年前に心筋梗塞で、△△病院に入院したことがありますが、今は、通院など特にしていません

消防本部

最後に、あなたのお名前とおかけの電話番号をお願いします

消防本部

最後に、あなたのお名前とおかけの電話番号をお願いします

通報者

○○○○○です。電話番号は△△−××××です

通報者

○○○○○です。電話番号は△△−××××です

消防本部

すぐに、消防車と救急車が向います。危ないと思ったら、ただちに避難してください

消防本部

すぐに、消防車と救急車が向います。救急車が近づいたら誘導をお願いします

携帯電話からの通報

2月から直接受信方式運用開始


 普及台数の増加とともに増え続ける携帯電話等からの緊急通報に対応するため、平成18年2月から、従来のブロック制受信方式から直接受信方式へシステム変更となりました。
 これまでのブロック制受信方式では、京丹後市内からの携帯電話等による119番通報は、いったん、宮津与謝消防組合消防本部で受信されたのち、京丹後市消防本部へ専用回線で転送され対応していました。
 このシステム変更により、京丹後市内での携帯電話等からの緊急通報は直接京丹後市消防本部で受信されます。
 なお、通報場所や電波の状況から京丹後市消防本部以外の近隣消防本部へつながる可能性もありますが、その場合でも従来どおり管轄消防本部への転送等により対応します。



(例)Aさんは火災を発見したため携帯電話により119番通報を行った
消防本部 「こちらは京丹後市消防本部です。火事ですか、救急ですか」
Aさん 「火事です」
消防本部 「場所はどこですか。」
Aさん 「××市△△町ですが、番地まではわかりません。」
消防本部 「何か、目標物はありますか。」
Aさん 「近くに、**株式会社の工場があります。」
消防本部 「火事の状況を教えてください。」
Aさん 「住宅から煙が出ています。火はここからは見えません。」
消防本部 「名前と電話番号を教えてください。」
Aさん 「Aです。電話番号は―――です。」
消防本部 「わかりました。再度状況等の把握が必要な場合こちらから電話をかけますので、しばらくは電源を切らないでください。」

注意

IP(インターネットプロトコル)電話からの通報

緊急通報イメージ


 最近のインターネット技術の発展により、IP電話や直収電話など従来からの固定電話に相当した新しい電話サービスが誕生しています。
 ここ京丹後市内でも例外ではなく、従来のNTT固定電話回線網を使わない電話サービスを提供する事業者からの緊急通報を受信するためのシステム改修を行い対応しています。
 なお、事業者によっては接続方法が異なることがあるため、事前にご確認ください。


注意

「119番通報」トップへ戻る