本署だより

旗マーク〜平成28年度「京丹後市防災訓練」を実施〜

 京丹後市防災訓練が8月28日、市内全域で行われました。
 市消防本部でも、地震で倒壊した家屋に取り残された人を救出する訓練を実施したり、市立大宮南小学校で行われた公開訓練に参加し、はしごによる高所救出訓練を展示しました。
 自然災害はいつ襲ってくるかわかりません。今一度、ご家族・地域で災害への備えを確認してください。

地震による倒壊家屋からの救出訓練

市立大宮南小学校で行われた公開訓練。約400人の市民が集まりました。

自衛隊による「ロープ降下訓練」

京丹後警察による「交通事故救助訓練」

市消防本部は、「はしごによる高所救出訓練」を展示しました。

体育館では、「防火衣の展示」、「煙体験コーナー」を設け、火災予防を呼びかけました。

「炊き出し訓練」では美味しいカレーが振る舞われました。
旗マーク〜平成27年度秋季全国火災予防運動〜

 京丹後市消防本部・京丹後市消防団では、「無防備な 心に火災が かくれんぼ」を平成27年度全国統一防火標語とし、平成27年11月9日から15日までの7日間にわたり、平成27年度秋季全国火災予防運動を実施します。
 火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、より一層の火の用心をお願いします。

平成27年度防火図画 特選作品

峰山消防署の玄関ホールに掲出してありますので、来庁の際はぜひご覧ください!

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント
−3つの習慣・4つの対策−

【3つの習慣】
   ○ 寝たばこは、絶対やめましょう。
   ○ ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用しましょう。
   ○ ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消しましょう。

【4つの対策】
   ○ 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置しましょう。
   ○ 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用しましょう。
   ○ 火災を小さいうちに消すために住宅用消火器を設置しましょう。
   ○ お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくりましょう。

旗マーク〜久美浜保育所が親子遠足で来署〜

 晴天に恵まれた5月27日、久美浜保育所の児童49人と保護者のみなさん(合計101人)が、親子遠足の一環で峰山消防署に立ち寄ってくれました。
 大好きな消防車を見学したり、救助訓練に励む署員に、「頑張れ〜!!」と大きな声で声援を送ってくれました。
 
 クラスごとに記念撮影♪
消防車には見たこともない道具がいっぱい!
 
 オレンジ服、かっこいいなぁ*^^*
署員も、子供たちの声援に、いつもより気合いの入った訓練となりました!
旗マーク〜新人消防士紹介〜

 平成27年4月、京都府立消防学校などでの研修期間を終えた2名の新人消防士が峰山消防署に配属されました。
 
  田中翔(21歳)
何事も積極的に頑張ります。
 
 門中隆介(21歳)
初心を忘れず頑張ります。
旗マーク〜2台の新車両が配備〜

 平成27年3月、2台の新しい車両が峰山消防署に配備されました。
 
【 資機材搬送車】
災害時に物資を現場まで搬送する車両です。
 
【 指揮支援車】
災害現場で現場指揮活動や後方支援活動などに活用する車両です。
旗マーク〜市内保育所で防火教室を実施〜

 2月5日(木)、大宮北保育所で防火教室を行いました。
 園児たちは、地震発生を想定しての避難訓練や、火事が起きたときの煙の怖さなどについて勉強しました。
 
 玄関を入ると、園児たちのかわいい作品が展示されています。
 
 避難訓練の様子について、署員からの講評を受けました。

先生の言うことをしっかり聞いて避難できていましたね。
 
煙の中は口と鼻をハンカチなどで押さえて、体勢を低くして逃げよう!
※煙は訓練用で無害です。
 
 「住宅用火災警報器をつけましょう!」

園児たちからのお願いです*^^*
旗マーク〜1日女性消防官、
      市内保育所や街頭で火災予防を呼びかけ〜


 11月11日(火)、秋季火災予防運動(11月9日〜15日)の実施にあわせて、南アフリカ出身で市内在住のブレンダ・ホープリーさん(京丹後市国際交 流協会員)を「1日女性消防官」として委嘱し、119番通報の対応を含めた救急訓練、市内保育所での防火教室、ショッピングセンターの防火査察や街頭広報 など、1日を通してさまざまな活動を行っていただきました。
 
 消防長室で委嘱状の交付を行ったあと、職員と記念撮影を行いました。
 
 119番通報の対応を含めた救急訓練では、指令室役の職員も「生の英語」にタジタジ…^^;

心肺蘇生法の実技は「ベリー・グッド!」でした。
 
 市内保育所での防火教室。子供たちと火の用心のお約束!

子供たちからも大人気のブレンダ・ホープリーさんでした*^^*
 
 付けていますか、住宅用火災警報器!

設置促進に向けて、街頭でのPR活動を行いました。
 
 活動の様子が、京都新聞に掲載されました。
(平成26年11月12日付け)
旗マーク〜京丹後市国際交流協会の日本語教室を受け入れ〜

 市内に在住の外国出身の方に災害時や緊急時の対応を学んでいただこうと、消防署見学の受け入れを行いました。
 今回の消防署見学は、京丹後市国際交流協会が行う日本語教室の一環として、市内で暮らす外国の方に緊急時の対応を学びながら、日本語の学習をしていただくことを目的に企画され、フィリピンや中国出身の方が訪れました。
 見学では、消火器の取扱いや煙の中での避難、また、通信指令室員との模擬通報訓練などを体験していただき、日本語を学びながら防災の知識を高めていただきました。
 
通信指令室の見学
119番模擬通報訓練
煙の中での避難訓練
消火器の取扱い訓練
最後に記念撮影
旗マーク〜平成26年度署内救助大会を開催〜

 5月8日(木)、平成26年度京都府救助選抜会への出場チームの選考を兼ねた、署内救助大会を開催しました。
 出場隊員らは、「はしご登はん」・「ロープ応用登はん」・「ほふく救出」の3つの種目に分かれ、日頃の訓練の成果を発揮し、府救助選抜会への出場枠を競い合いました。
 選考の結果、各種目とも上位2チームが7月2日に京都市消防活動センターで開催される府救助選抜会に出場します。
訓練開始前の整列
要救助者を抱え搬送する救助隊員
大会を見に来てくれた私立ゆうかり子ども園、私立ゆうかり乳児保育所の子供たちが、かわいい声援を送ってくれました!
旗マーク〜全国大会出場チームが、
          
市ケーブルテレビの取材を受ける〜

 7月22日、過日の京都府救助選抜会で全国大会への出場を決めた「ほふく救出」チームの隊員3名が、市ケーブルテレビ自主放送番組「今日とってもよかっ丹後」の取材を受けました。

 全国大会へ向けた訓練の様子や意気込みを取材していただき、また、「2代目京都府住みます芸人」でリポーターの月亭太遊さんにも「きびしい訓練」を体験していただきました。
緊張の面持ちでインタビューに答える隊員たち。
太遊さんにしっかりリードしていただいてます^^;
太遊さんにも「きびしい訓練」を体験していただきます!

安全管理は基本中の基本!
職員の助けを借り安全ハーネスを装着する太遊さん。
15メートルのはしごを、安全確実に、そして速く登ります。

「高さ」という恐怖との戦いに、このときばかりは真剣な表情の太遊さん。
消防の基本である「安全・確実・迅速」を守り、最後まで登りきりました!
全国大会を1ヶ月後に控え、太遊さんから激励のお言葉までいただき、
隊員一同、より一層気を引き締めて訓練に励んでまいります!

太遊さん、ありがとうございました!!
旗マーク〜五箇保育所が「お別れ遠足」で来署〜

 五箇保育所のお友達35人が3月15日、「お別れ遠足」で峰山消防署を訪れてくれました。
 消防車両の見学や、煙を焚いた部屋で「煙の怖さ」を体験しました。最後は「ミニ消防車」にも乗り、消防署での楽しいひと時を過ごしました。 
「ミニ消防車」乗車体験!

みんな笑顔で手を振っていました♪
「火の用心」のお約束!

文字カードを持ってくれているのは、年長組のお友達。
4月からは「ピカピカの1年生☆」です。元気で小学校生活を送ってくださいね!
旗マーク〜消防署にコウノトリが飛んできています〜

 最近、朝の勤務交代時にコウノトリの姿をよく見かけます。いつも2羽で飛んできて、仲良くエサを食べている姿は、見ていてとても微笑ましいです。
 そんなコウノトリの姿をとらえた写真を提供して頂いたので、ここでご紹介します。
 赤いポンプ車に白いコウノトリが映えます。
 飛び立つ瞬間をとらえたベストショット!
旗マーク〜平成25年の幕開け!〜

 寒さの中にも爽やかに迎えた平成25年の元旦、庁舎屋上から、とても綺麗な「初日の出」を拝むことができました。
市民の安全・安心のため、「防災・減災」への決意を新たにしました。
訓練塔と初日の出!
旗マーク〜市内小学生が消防署見学に来てくれています!〜

 4月下旬から社会科授業の一環として、市内小学校4年生の児童たちが消防署見学に来てくれています。
 消防車や救急車はもちろん、普段は見ることができない指令室や、署員が夜間に使用している待機室・仮眠室なども見学し、まるで探検気分です!
まずは消防署の成り立ちを勉強しました。
火事のとき最も怖いもののひとつ、煙。
煙体験学習用キット「煙道クン」で避難の方法を体験です!
峰山消防署で一番大きな車両「救助工作車」と「化学車」を見学。
※救助工作車:右、化学車:左
実際に救助資機材を持ってみると・・・、「重ーい!!」
こちらは空気呼吸器を着装! 「ランドセルより重いわー!!」

また、遊びに来てくださいね♪
旗マーク〜市内小学校で地震を想定した消防訓練を実施〜

 市内随一の児童数を誇る市立大宮第一小学校は11月21日、「地震の発生から火災に発展した」との想定で総合的な消防訓練を行い、避難の手順、消火器の使い方などを確認しました。
 あられ交じりの冷たい北風が吹きつけるなか、寒さに負けず熱心に訓練に取り組む先生・児童の姿が印象的でした。
 これに合わせて峰山消防署の消防課では、「校舎の3階に逃げ遅れ者がいる」との想定で、救助訓練を披露しました。
「地震発生!」 まずは机の下にもぐり、落下物から自分の身を守ります。
クラスごとに先生の指示に従い、落ち着いて速やかにグランドまで避難します。
消火器の使い方も、しっかりと勉強しました!
先生による消火訓練の実演。
さすが先生! アッという間に消火完了でした。
峰山消防署消防課による、救助訓練の披露。
「校舎3階に逃げ遅れ者あり! 直ちに救助にあたれ!!」
三連はしごを使い校舎の3階に進入します!
校舎の一部を支点に利用し、ロープを使った救助法を展開。
逃げ遅れ者が救助隊員とともに、少しずつ地上へと助け出されます。
安全・確実な活動に加え、スピードも求められます!
逃げ遅れ者の救助完了後、救助隊員も速やかに校舎から脱出です!
旗マーク〜中学生の職場体験〜

 平成23年9月には、毎年恒例である中学生の職場体験の生徒さんが消防署にもこられます。
峰山消防署でも多くの中学生が来られ、様々な体験をしていただきました。
ビルの3階からの降下訓練です。
安全管理はばっちり!!
救助資機材の取り扱い訓練です。
旗マーク〜防災ダックで防災教室〜

 平成23年6月17日(金)に、京丹後市立鳥取保育所の園児・職員を対象にカードゲーム「防災ダック」を使った防災教室と、消防訓練、消火器取り扱い訓練を行いました。
先生だけじゃなく僕らでも使えるよ〜
カードゲームを使い災害時での最初の動作を遊びながら学びます。
「地震」のときは「ダック」のポーズ。
まずは頭を守ります。
「雷」のときは「カメ」のポーズ。
高いところから離れ、身を低くします。


旗マーク〜住警器、設置促進強化月間〜

 京丹後市消防本部では”住宅用火災警報器”の設置期限を月末に控えた5月1日、署員が街頭に立ち、広く設置促進を呼びかけました。
 既存住宅への設置期限は平成23年5月31日です。
住宅用火災警報器は知っているけど「まだ付けていない」という人も・・・
あなたの家庭を見守る”住宅用火災警報器”

1日も早い設置をお願いします。

旗マーク〜東北地方太平洋沖地震への支援(第2次緊援隊派遣)〜

 京丹後市消防本部では、東北地方太平洋沖地震に伴う第2次緊急消防援助隊を3月14日(月)午前9時30分に派遣しました。
 草津PA(滋賀県)で京都府南部ブロック部隊と合流の後、明日15日(火)に現在第1次派遣隊が活動中の宮城県南三陸町で交替を行い、活動を継続する予定です。
宮城県南三陸町に向け消防本部を出発する第2次派遣隊
旗マーク〜1日女性消防官〜

 峰山消防署では春の火災予防運動中の3月4日(金)、3名の1日女性消防官を迎え、市内保育所での防火教室や、ショッピングセンターでの防火チラシ配布 を行いました。
職員と記念撮影
左から、井浪麻美さん 井上遥さん 吉岡美晴さん
「火遊びは絶対にしません!」とみんなで約束しました。
防火チラシを配り、期限間近に迫った”住宅用火災警報器”の設置を呼びかけました。
さすが! 消火器の取りあつかいもお手のものです。