悪質訪問販売 なるほどザ・消火器 情報館ひろば 防火対象物の定期点検報告制度 防火自主点検報告表示制度 住宅防災警報器 新適マーク 災害伝言ダイヤル
予防情報館>情報館ひろば>危険物保安情報                           ホームページトップ

 危険物保安情報

セルフスタンドにおける事故防止
セルフスタンドをご利用された方は、「静電気除去シート」が設けられているのにお気付きでしょうか。

  最近よく見かけるようになったセルフサービス式のガソリンスタンド。価格が安いこと、少ない量でも気兼ねなく給油できる点などが人気のようですが、「危険物を取扱っている」という認識を持っていないと、思わぬ事故につながります。
 セルフスタンドで、給油中に静電気火花により発生した火災事例が報告されております。
 使い方を間違えると、事故を招くこともあります。


  火災の原因は静電気火花。静電気除去対策を知ろう!    
火災事例と防止対策を紹介します。

(火災事例)
 セルフスタンドにおいて給油を行うため、運転者は運転席のボタンで給油口カバーを開け、車から降りる際ドアを素手で閉めず、車体や計量機にも触れずにキャップを回したところ、運転者の体に帯電していた
静電気が給油口の金属蓋(キャップ)に触れた時に放電され、その時発生した火花がガソリンの可燃性蒸気(ベーパー)に引火した。

(防止対策)
 セルフスタンドでは、このような静電気による火災を防止するため硬質ゴムマット製の
「静電気除去シート」を計量機に貼付されています。(下図参照)
 このシートに触れると、体に蓄積帯電した静電気を除去することができますので、
給油を始める前には必ず触れるようにして下さい。
 
※ ガソリンスタンドの従業員は静電気帯電防止タイプのユニホームや靴を着用して、静電気による引火を防止しています。


  危険物講座@ 静電気とは?
静電気とは:体と衣類、衣類同士、車の座席と衣類の摩擦などによって発生した電気がたまったものです。この時、人体などには数千ボルトの電圧があり、ときには1万ボルトにも達していると言われます。このような高圧の静電気は放電の際、体を刺激するだけでなく、ガソリンの可燃性蒸気(ベーパー)が存在すると起爆剤(着火源)になるわけです。
  



消防本部 生活安全情報 予防情報館 救急案内 申請・届出 講習会 キッズコーナー

Copyright(C) 2005 Kyotango City Fire Department. All Rights Reserved