悪質訪問販売 なるほどザ・消火器 情報館ひろば 防火対象物の定期点検報告制度 防火自主点検報告表示制度 住宅防災警報器 新適マーク 災害伝言ダイヤル
予防情報館>情報館ひろば>危険物保安情報                           ホームページトップ

 危険物保安情報

ガソリンの購入及び運搬について
農作業用などでガソリンや混合油を購入する場合の容器は?
  ガソリンスタンドでは、原則としてガソリンを容器に詰め替える行為を前提としていませんが、やむを得ず危険物を容器に詰め替える場合は、消防法令に適合した容器(危険物の等級に応じた容器の種類及び容量が定められています。)であることが必要です。
 その内容は次のとおりですから消費者のみなさんも注意してください。
 
セルフガソリンスタンドでは、消防法令に適合した容器であっても顧客にガソリンを容器に詰め替えさせることは禁止されています。 

  「ポリ容器」で購入することはできません。
Q1:ガソリンスタンドで、灯油を入れていたポリエチレン製18リットルの容器には、なぜガソリンを販売してくれないのですか?

A1:ガソリンは揮発性が高く、危険性が大きいため、ポリエチレン製の18リットル容器は、ガソリンの容器として使用できません。このようなことから、ガソリンスタンドにおいても、消防法令に適合しない容器へのガソリンの詰め替えは禁止をしています。

Q2:ガソリンはどのような容器で購入して、運搬すればいいのですか?

A2:危険物の運搬に使用する容器については、危険物の性質や危険性に応じてそれぞれ容器の材質や容量が消防法で定められており、ガソリンの場合は、プラスチック容器で10リットル以下、金属製容器で60リットル以下とされています。
  なお、市販されている容器でガソリン専用のプラスチック容器はほとんど流通しておらず、金属製の容器でも5リットルから20リットル程度までの容器がガソリン専用の容器としてホームセンターやガソリンスタンドで一般的に販売されています。金属であってもオイル缶はガソリンの運搬容器として認められません。

  専用の「金属容器」で購入しましょう。

Q3:自動車で運搬する場合はどうすればいいのですか?

A3:自動車に積載して運搬する方法についても、消防法で定められており、容器の密栓を確実に行うとともに注入口を上方に向けて積載し、落下、転倒若しくは破損しないように積載して運搬しなければならないとされています。
  乗用車等(ステーションワゴンやワンボックスカー等を含む)でガソリンを運搬する場合の、金属製容器の最大容積は22リットルまでです。
  また、容器の外部には危険物の品名、数量や注意事項などを表示しなければなりません。

  危険物講座A ガソリンの危険性
  「ガソリン」は消防法で規制される「危険物」です。
 アセトンやガソリンなどは消防法で「第四類第一石油類」に区分されており、引火点が21度未満の引火性液体です。
 
<ガソリンの性状>
引火点(※1)  −40度以下
発火点(※2)   約300度
水に溶けない。水より軽い。
発生蒸気は空気より重い。
 ガソリンの引火点は、私たちが生活している温度より低く、非常に引火しやすいものです。水より軽いので、燃焼しているガソリンに水をかけると水の上にガソリンが浮いてしまい、水の広がりと共に燃焼している場所が広がることになります。そのため、消火に水は使用できません。
 また、発生したガソリン蒸気は、空気より重いので溝のような低所にたまり、遠くまでその蒸気が広がることがあります。
 ガソリンは直接点火しなくても保管場所から遠く離れた位置の火源(静電気、衝撃火花等含む。)によって引火する可能性があります。
※1 
引火点とは: 液体を空気中において火を近づけたとき、燃えだすのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生する最低の液温を「引火点」といいます。
※2 
発火点とは:空気中で可燃性物質を加熱した場合、その熱で自ら燃焼を開始する最低の温度を「発火点」といいます。



消防本部 生活安全情報 予防情報館 救急案内 申請・届出 講習会 キッズコーナー

Copyright(C) 2005 Kyotango City Fire Department. All Rights Reserved