ホーム > 企業・事業主向け情報 > 入札・契約情報 > 平成30年度京丹後市建設工事指名業者格付審査について

ここから本文です。

更新日:2018年1月4日

平成30年度京丹後市建設工事指名業者格付審査について

平成30年度の京丹後市建設工事指名業者格付審査(市内業者のみ)については、平成30年3月末で提出されている申請書類等で行いますので、平成29・30年度建設工事一般競争(指名競争)入札参加資格申請書の提出後に更新(変更)された書類等がある場合は、平成30年3月30日(金曜日)までに入札契約課へ提出していただきますようお願いします。
なお、提出期限までに提出がされなかった場合は、平成30年度の格付には反映されませんのでご了承ください。

 

格付に必要な書類

1.最新の有効な「経営規模等評価結果通知書及び総合評定値通知書」の写し

最新の有効な「経営規模等評価結果通知書及び総合評定値通知書」の交付を受けた場合は、通知書の写しを提出してください。

※総合評定値通知書の有効期限は、通知書に記載されている審査基準日から1年7ヶ月後までとなっています。建設工事の入札参加資格者は、現在受審されている有効な通知書の有効期限が切れる前に、経営事項審査の結果通知(総合評定値(P)の受審)を受ける必要がありますのでご注意ください。なお、有効な総合評定値通知書の受審が確認できなくなった場合は、京丹後市における建設工事の一般競争(指名競争)入札に参加できなくなります。

※審査基準日が平成28年8月31日以前となっている通知書については、平成30年3月30日までに有効期限切れとなるため、平成30年度の格付審査を行うことができませんのでご注意ください。

2.「建設業許可通知書」の写し又は「建設業許可証明書(写し可)」

建設業許可の更新(変更)をされた場合は、更新(変更)後の建設業許可通知書等の写しを提出してください。

※建設業許可の有効期間は、許可のあった日から5年目の対応する日の前日をもって満了となります。この建設業許可の更新手続きをとらない場合は、期間の満了とともに建設業許可は効力を失いますのでご注意ください。なお、建設業許可が確認できなくなった場合は、京丹後市における建設工事の一般競争(指名競争)入札に参加できなくなります。

3.「ISO登録証」の写し及び「付属書」の写し

新規取得又は更新を受けた場合は、登録証及び付属書の写しを提出してください。また、ISOの認証を取り消した場合についても届出をお願いします。

4.「KES・環境マネジメントシステム・スタンダード登録証」の写し

新規取得又は更新を受けた場合は、登録証の写しを提出してください。また、KESの登録を取り消した場合についても届出をお願いします。

「ISO14001」の取得により主観点数に加算される場合は、KESの加算は行いません。

5.「障害者雇用状況申告書」及び「障害者雇用状況報告書」の写し

障害者の方の雇用状況に変更(新規雇用・退職等の異動)があった場合は、必要書類の提出をお願いします。

 

お問い合せ先

部署名:財務部入札契約課 

電話:0772-69-0170

ファックス:0772-69-0903

Eメール:nyusatsu@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る