ホーム > くらしのガイド > 医療・福祉 > 福祉 > 見舞金・援護資金貸付制度

ここから本文です。

更新日:2010年9月16日

見舞金・援護資金貸付制度

災害に遭ったときの見舞金の支給や援護資金の貸付制度を紹介します

災害に遭ったときの見舞金の支給や援護資金の貸付制度

種類 内容 対象者
災害見舞金「支給」(要綱)※1 住家 ・全壊・全焼・流失     5万円
・半壊・半焼              3万円
・部分壊・部分焼       2万円
・床上浸水                2万円
火災や災害により被災した世帯主
非住家 ・全壊・全焼・流失     3万円
・半壊・半焼              2万円
・部分壊・部分焼       1万円
世帯主が30日以上入院                          3万円
世帯主以外が30日以上入院  1人につき  1万円
災害弔慰金「支給」(要綱)※1 ・世帯主                               30万円
・世帯主以外      1人につき   20万円
火災や災害により死亡した人の遺族
災害弔慰金「支給」(条例) ・世計主                              500万円
・そのほか          1人につき  250万円
自然災害により死亡した人の遺族
災害障害見舞金「支給」(条例) ・世計主                              250万円
・そのほか          1人につき  125万円
自然災害により著しい障害を受けた市民
災害援護資金「貸付」(条例) 被災世帯に対する貸付制度 自然災害により被災した世帯主

※1・・・条例による災害障害見舞金・災害弔慰金の支給があるときは、支給されません。

 

そのほかの制度

災害を被った人は市税、料の減免が受けられる場合があります。詳しくは、担当課へお問い合わせください。

  • 税の減免                                  財務部税務課(Tel 69-0180)
  • 介護保険料の減免                    健康長寿福祉部長寿福祉課(Tel 69-0330)
  • 後期高齢者医療保険料の減免  健康長寿福祉部保険事業課(Tel 69-0220)
  • 保育料の減免                           教育委員会子ども未来課(Tel 69-0340)

 

お問い合せ先

部署名:健康長寿福祉部生活福祉課 

電話:0772-69-0310

ファックス:0772-62-1156

Eメール:seikatsufukushi@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る