ホーム > くらしのガイド > くらしと生活環境 > 公共交通 > 200円バスで行く京丹後の旅

ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

200円バスで行く京丹後の旅
観光スポットのご案内

200円バスで行く京丹後の旅観光スポットのご案内

(1)アミティ丹後

アミティ丹後 丹後ちりめん製品、シルクの健康グッズ、工芸品、地酒など厳選されたたくさんの特産品が並びます。織物見学や染色体験もできます。

『網野』下車徒歩8分

矢印右向きアミティ丹後のサイトへ

 

(2)アミティ丹後前の朝市

アミティ丹後前の朝市

アミティ丹後朝市の様子
毎週日曜日の朝、活気のある朝市が開催されています。
とれたての新鮮な野菜や特産品などが購入できます。


『網野』下車徒歩8分

矢印右向きアミティ丹後のサイトへ

 

(3)琴引浜

琴引浜 日本最良、最大級の鳴き砂の浜。1.8kmに及ぶ白砂青松の大変美しい海岸で、歩くと”キュッキュッ”と心地よい音がするのは、砂が美しいことの証明で、石英の粒が振動し鳴ります。

『琴引浜下車徒歩9分』

矢印右向きライブカメラ映像へ

 

(4)琴引浜鳴き砂文化館

琴引浜鳴き砂文化館 琴引浜や鳴き砂についてパネルなどで展示・紹介しています。鳴き砂を体験できるほか、琴引浜の自然、鳴き砂の歴史、世界・日本の鳴き砂を解説。

『琴引浜』下車徒歩1分

矢印右向き琴引浜鳴き砂文化館のサイトへ

 

(5)絶景マリンビューエリア

国道178号から見た海岸線の風景 国道178号から見た海岸線の風景
国道178号沿い【網野町~丹後町間】を走る車内から綺麗な海と海岸を見ることができます

 

(6)プラネタリウム(丹後庁舎)

プラネタリウム(丹後庁舎)

京丹後市役所丹後庁舎の3階にあるプラネタリウム「童夢(ドーム)」。
宇宙の映像をはじめ、星座学習プログラムや、冒険物語など16本のプログラムを上映。
鑑賞は無料です。
ただし、5人以上の団体・グループで、希望日の3日前までに予約が必要です。(最大27席)

『丹後庁舎前』下車すぐ

矢印右向きプラネタリウム特集のコーナーへ

 

(7)丹後温泉はしうど荘

丹後温泉はしうど荘 後ヶ浜や立岩に近いロケーションで、ゆっくり温泉につかりながら日本海の絶景が楽しめます。新鮮な魚介類料理も堪能できます。

『丹後庁舎前』下車徒歩1分

矢印右向き丹後温泉はしうど荘のサイトへ

 

(8)立岩

立岩 周囲1km、日本でも数少ない玄武岩の自然岩で、直線的で荒々しい岩肌に白い雪が降ると、美しい自然の芸術が目の前に現れます。季節ごとの違う表情が魅力。京都百景。

『丹後庁舎前』下車徒歩5分

矢印右向きライブカメラ映像へ

 

(9)道の駅てんきてんき丹後

道の駅てんきてんき丹後 丹後一円の特産品が並びます。特に海に近いため海産物が充実。広いパーキング、喫茶コーナーもあり、ちょっとした休憩に便利です。

『丹後庁舎前』下車徒歩2分

矢印右向き道の駅てんきてんき丹後のサイトへ

 

(10)丹後古代の里資料館

丹後古代の里資料館 縄文~中世の時代ごとに石器・土器・玉類・鏡類を展示。
また、丹後の民俗、鬼退治伝説なども紹介し、一巡すれば京丹後市の古代の様子を詳しく知ることができるよう構成されています。
周囲には竪穴式住居・高床式倉庫の復元もあります。

『丹後庁舎』下車徒歩8分

矢印右向き丹後古代の里資料館のサイトへ

 

(11)丹後王国「食のみやこ」

丹後あじわいの郷

食べて良し、手作り・収穫体験して良しの農業公園。桂由美さんらにより『恋人の聖地』に認定されるなど華やかな園内は野外ウェディングに最適。家族・友人・恋人、大勢でお越しください。ヨーロッパのプチホテルの雰囲気でご宿泊いただけます。天然温泉です。
地ビール、手作りソーセージ、石窯ピッツァなど、どれも格別な美味しさです。
写真は園内を走るチューチュートレイン。パターゴルフ・ゴーカート・おもしろ自転車など終日楽しむことが出来ます。

『丹後王国「食のみやこ」』下車

矢印右向き丹後王国「食のみやこ」サイトへ

 

(12)弥栄あしぎぬ温泉

弥栄あしぎぬ温泉 古墳をデザインした「王国の湯」、露天滝風呂・サウナ・ジャグジーなどが楽しめる「卑弥呼の湯」があります。お食事も出来ます。

『あしぎぬ温泉』下車徒歩1分

 

(13)ラッピングバス

ラッピングバス 京丹後市の美しい景色を車体に描いた、ラッピングバスも運行しています。

※200円バスは1回乗車の運賃です。3回乗車でも合計600円と低額です。

利用者ますます増えています!

お問い合せ先

部署名:企画総務部企画政策課 

電話:0772-69-0120

ファックス:0772-69-0901

Eメール:kikaku@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る