ホーム > くらしのガイド > くらしと生活環境 > 上下水道 > 公共下水道使用料の減額制度

ここから本文です。

更新日:2017年9月14日

公共下水道使用料の減額制度

公共下水道区域において、浄化槽から公共下水道への早期接続を促進することを目的に、公共下水道使用料の減額措置を設けています。

対象となる要件

公共下水道の供用開始区域内の住宅または事業所において、既設の浄化槽(し尿浄化槽を含む)を廃止し、新たに公共下水道に接続して使用を開始した場合で、次の全ての条件に該当する場合に対象となります。

  1. 供用開始の日から3年以内の接続であること。
  2. 京丹後市内に本社または本店のある排水設備指定工事業者を利用して排水設備の工事をしたものであること。
  3. 市税などの滞納がないこと。また、滞納のある世帯に属さないこと。
  4. 排水設備工事の完了検査日から1カ月以内の申請であること。

(注意事項)次の建物は対象外です。

  • 各戸に水道メーターが設置されている集合住宅、官公庁の施設。

減額の期間と割合

申請をした月の使用分(請求は翌々月)から1年間、公共下水道使用料のうち基本料金となる5m3を超える部分の超過料金の全額が減額となります。また、営業用温泉排水の場合は、全額が減額となります。
ただし、公共下水道の使用を休止または廃止をした場合、減額となるのは「休止届」または「廃止届」を提出した月の使用分(請求は翌々月)までです。

(注意事項)

  • 基本料金月額767円(年間9,204円)は必要となります。ただし、営業用温泉排水の場合は除きます。(平成26年5月1日現在)
  • 汚水量認定のためにメーターを設置した場合は、別途メーター使用料が必要です。

申請の手続きについて

次の公共下水道使用料減免申請書および添付書類に必要事項を記入の上、排水設備工事の完了検査日から1カ月以内に、上下水道部下水道整備課(網野庁舎内)またはお近くの市民局へ提出してください。

  1. 公共下水道使用料減免申請書(PDF:77KB)(公共下水道使用料減額制度に係る減免申請書には、図面や写真の添付は不要です。)
  2. 納付等状況調査同意書(PDF:78KB)
    申請書は、各市民局または下水道整備課にもあります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ先

部署名:上下水道部下水道整備課 

電話:0772-69-0550

ファックス:0772-75-0300

Eメール:gesuido@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る