ホーム > くらしのガイド > 健康・子育て > 感染症対策 > お知らせ > 冬季食中毒注意報が発令されました(平成30年1月4日~)

ここから本文です。

更新日:2018年1月4日

冬季食中毒注意報が発令されました

ノロウイルスなどの感染症胃腸炎は冬季に多発しています。食品の取り扱いなどには注意が必要となります。
この度、下記のとおり冬季食中毒注意報が発令されましましたので、お知らせします。

注意報発令期間

平成30年1月4日(木曜日)~3月末までの間において、基準値を下回るまで

発令基準

原則として次の各号の一に該当する場合、府内全域を対象に注意報が発令されます。

(1)府北部地域または府南部地域のどちらかの地域において、感染症胃腸炎の定点あたりの患者報告数が10人を超えたとき。

府北部地域:中丹西、中丹東、丹後保健所管内
府南部地域:京都市内、乙訓、山城北、山城南、南丹保健所管内

(2)府内全域において、同一週に食中毒事件が2件以上発生した場合など、必要があると認められるとき。

ノロウイルス等による食中毒を予防するためには

  • 調理作業前の手洗いを徹底すること。
  • 調理従事者の健康状態を毎日確認すること。
  • 食品は十分加熱(中心部が85度~90度で90秒以上)すること。
  • まな板や包丁等の調理器具は、適正な濃度の次亜塩素酸ナトリウムや熱湯で消毒する等、調理時の衛生管理を徹底すること。
  • 調理に従事されるかたは、普段から感染しないように食べ物や家族の健康状態に注意すること。

ノロウイルスへの感染予防、感染拡大を防止するためには

  • 手洗い、うがいの励行、十分な睡眠と栄養をとるようにして、体調を良好に保つようにすること。
  • 家族などの健康状態を毎日確認すること。
  • トイレ掃除や汚物処理の際は、使い捨て手袋・マスク等を使用し、適切な濃度の次亜塩素酸ナトリウムで消毒を行うこと。
  • 嘔吐、下痢など感染が疑われる場合は、速やかに受診すること。

 

お問い合せ先

部署名:健康長寿福祉部健康推進課 

電話:0772-69-0350

ファックス:0772-62-1156

Eメール:kenkosuishin@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る