ホーム > くらしのガイド > 健康・子育て > 感染症対策 > 高齢者インフルエンザ予防接種

ここから本文です。

更新日:2017年10月5日

平成29年度高齢者インフルエンザ予防接種について

インフルエンザワクチン`が十分な効果を維持する期間は接種後、約2週間後から約5ヶ月とされています。
本格的な流行期となる1月から3月に備え、病気の重篤化を予防するため、下記のとおり予防接種事業を実施しますのでお知らせします。

高齢者のかたを対象にインフルエンザ予防接種費用を補助します

1.対象者

(1)京丹後市内に住所を有し、接種日に満65歳以上のかた
(2)京丹後市内に住所を有し、60歳以上65歳未満のかたで、心臓、じん臓、呼吸器の機能、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害のあるかたで、厚生労働省令に定めるかた(該当者のかたには、市から直接予診票を送付します)

2.予防接種実施期間

平成29年10月25日(水曜日)~平成29年12月28日(木曜日)
上記の期間外に受診したものは対象外となりますので、ご注意ください。

3.実施場所

市内実施医療機関および京都府広域予防接種協力医療機関
詳しくは健康推進課(電話:69-0350)までお問い合わせください。

4.接種回数

実施期間内に1回のみ

5.接種費用

自己負担1,000円(医療機関の窓口でお支払いください)
※生活保護世帯は、自己負担免除です。

  • インフルエンザ予防接種予診票は、受診する市内実施医療機関または健康推進課(福祉事務所内)、各市民局にあります。
  • 接種時は、保険証など(住所、氏名、年齢の確認ができるもの)を持参してください。
  • 接種を受ける前に、予防接種説明書「高齢者インフルエンザ予防接種を受ける前に」を必ずお読みください。

6.他府県の医療機関等で接種を希望される場合

他府県の医療機関等で接種を希望する場合は、下記の申請書を提出してください。

他府県で接種する場合の流れ

(1)予防接種依頼申請書を提出してください。

(2)市から予診票、助成金交付申請書などの関係書類を申請者へ送付します。

(3)医療機関で予防接種を受診し、窓口では接種費用の全額を支払ってください。

(4)助成金交付申請書に領収書、予診票を添付し、健康推進課または各市民局へ提出してください。

(5)助成金交付申請に基づき、自己負担額1,000円を控除した残額(上限3,914円以内) を助成します。(ただし、生活保護のかたは、全額助成します。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ先

部署名:健康長寿福祉部健康推進課 

電話:0772-69-0350

ファックス:0772-62-1156

Eメール:kenkosuishin@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る