ホーム > 10月30日開通!山陰近畿自動車道(野田川大宮道路)京丹後大宮インターチェンジ

ここから本文です。

更新日:2016年11月1日

10月30日開通!山陰近畿自動車道(野田川大宮道路)京丹後大宮インターチェンジ

京丹後市初のインターチェンジ開通

山陰近畿自動車道野田川大宮道路が10月30日(日曜日)に開通しました。
待ちに待った京丹後市初の高速道路の開通により、京都府南部や京阪神地域とのアクセスが飛躍的に向上することから、一般道の渋滞緩和はもちろん、地域間交流の活発化が期待されます。

野田川大宮道路のあらまし

山陰近畿自動車道(野田川大宮道路)区間マップ。与謝天橋立インターから京丹後大宮インターの間が平成28年10月30日に開通

野田川大宮道路の概要
区間 宮津市字須津地内~与謝郡与謝野町弓木~京丹後市大宮町森本地内
延長 4.3km
主な構造物 水戸谷トンネル(1,964m)
野田川高架橋(589m)
石田椎の木橋(86m)
京丹後大宮Aランプ橋(46m)
案内図 山陰近畿自動車道京丹後大宮IC付近(PDF:601KB)

京丹後市街地への案内図

山陰近畿自動車道京丹後大宮インター付近マップ

トピックス

京丹後市観光協会ホームページ「京丹後ナビ」
( 外部サイトへリンク )
 

 

バナーで高速道路開通を盛り上げよう!!

山陰近畿自動車道京丹後大宮IC開通を祝うとともに、さらに近くになった京丹後市を知っていただくため、PR用バナーを作成しました。
バナーは下記よりダウンロード頂けますので、ご活用ください。

  • バナーサイズ(468px×80px)
    高速道路開通バナー(468x80) 
  • バナーサイズ(234px×80px)
    高速道路開通バナー(234x80)

ダウンロード方法

バナーの上で右クリックをし、「名前を付けて画像を保存」をしてください。
(注意)バナーは必ずダウンロードしてください。直接リンクをするのはおやめください。

 山陰近畿自動車道野田川大宮道路開通式を開催しました!

10月30日(日曜日)山陰近畿自動車道・野田川大宮道路の開通当日、午後3時の開通に先立ち、京都府知事、府議会議員、国会議員、国土交通省、沿線市町首長、各議会議員等関係者出席のもと、アグリセンター大宮及び京丹後大宮IC付近にて開通式が開催されました。
アグリセンターで行われた式典では、地元森本区による笹ばやしと太刀振りの披露や来賓祝辞などに続き、京丹後市長が「野田川大宮道路がズワイカニ漁の解禁を前に開通することとなったことは、今年の冬の観光に大きな効果をもたらすだけでなく、「海の京都観光圏」の推進など、圏域全体の発展に大きく寄与するもの」との感謝を述べました。

写真1

大宮町森本区による笹ばやし披露

写真2

大宮町森本区による太刀振り披露

写真3

山田京都府知事の式辞

写真4

巽府議会副議長の祝辞(議長代理)

写真5

国土交通省 池田近畿地方整備局長の祝辞

写真6

京丹後市長の地元挨拶

 

また、京丹後大宮IC付近での通り初めでは、大宮中学校ブラスバンド部の元気な演奏に続き、大宮峰山道路建設方向杭の除幕を行いました。
これは、野田川大宮道路建設に尽力いただいた関係者への感謝と先線として事業化している大宮峰山道路の1日も早い開通への期待を込めて設置したものです。

 

写真7

大宮中学校ブラスバンド部

写真8

通り初めの車列を見送る大宮中学校ブラスバンド部

写真9

大宮峰山道路建設方向杭の除幕

写真11

テープカットとくす玉開披

写真12

大宮南小学校6年生から関係者に花束贈呈

写真10

市民有志による武者のぼりと鯉のぼり(鯉のぼりは大宮南保育所の園児の手形でこの日のために作成されたもの)

写真13 写真14
秋晴れの下いよいよ通り初め!

 

 

供用開始の午後3時頃には、開通を待つ長蛇の車列ができ、野田川大宮道路開通への期待の高さがうかがえました。

 

写真15

供用開始となった午後3時の様子

写真16

真新しい道路を次々と通行する車両

待ちに待った自動車専用道路の開通で、京都府南部や京阪神地域とのアクセスが飛躍的に向上し、一般道の渋滞緩和だけでなく、地域間交流の活発化が期待されます。

つながる京都!のびゆく山陰近畿自動車道!

 山陰近畿自動車道野田川大宮道路開通プレイベントを開催しました!

山陰近畿自動車道・野田川大宮道路の開通を目前に控えた10月15日(土曜日)、開通プレイベントとして「丹後歴史街道市町村交流まつり・フリーウォーク」を開催しました。
当日は、晴天に恵まれ、丹後内外からご参加いただいた約1,200人のかたが、開通後は決して立ち入ることの出来ない高速道路上を歩く水戸谷トンネルウォーク&野田川高架橋パノラマウォークを楽しみました。
また、京都府最南端の木津川市からもPR出展いただいた他、丹後の素材を活かした加工品や各種地場産品の展示販売(出店数:15団体)に加え、海の京都や山陰海岸ジオパークのPRコーナー、宮津市の須津神楽や京丹後市の三重神楽など地元伝統芸能の披露など、さまざまな催しが道路上で行われ、参加者は秋の丹後を満喫していました。

(開通プレイベント写真1)

京丹後市長挨拶

(開通プレイベント写真2)

与謝野町長による出発号令

(開通プレイベント写真3)

送迎バス発着所(7台が臨時駐車場と会場の間を常時運行)

(開通プレイベント写真4)

トンネル上から見たメイン会場

(開通プレイベント写真5)

伝統芸能の披露(須津神楽)

(開通プレイベント写真6)

伝統芸能の披露(三重神楽)

(開通プレイベント写真7)

トンネル内にも物産展を展開

(開通プレイベント写真8)

道路上の模擬店も盛況でした

(開通プレイベント写真9)

府最南端の木津川市も参加

(開通プレイベント写真10)

道路公社PRコーナー

(開通プレイベント写真11)

京の高速道路コーナー

(開通プレイベント写真12)

海の京都PRコーナー

(開通プレイベント写真13)

山陰海岸ジオパークPRコーナー

(開通プレイベント写真14)

管理車両展示(除雪車)

(開通プレイベント写真15)

管理車両展示(パトロール車)

(開通プレイベント写真16)トンネルの中を歩く人たち

水戸谷トンネルウォーク(スタート直後)

(開通プレイベント写真17)

市町境に表示パネルを設置!人気の撮影スポットになりました

(開通プレイベント写真18)高速道路の上を歩く人たち

野田川高架橋パノラマウォーク

 

 『つながる京都記念イベント!!』
山陰近畿自動車道・野田川大宮道路開通記念プレイベント高速道路を歩いてみませんか!

イベントは終了しました

プレイベントチラシ(表) プレイベントチラシ(裏)

山陰近畿自動車道野田川大宮道路の開通が平成28年10月30日(日曜日)に決定したことを受け、開通プレイベントとして、「丹後歴史街道市町村交流まつり・フリーウォーク」を開催します。

日時

平成28年10月15日(土曜日)午前10時30分~午後2時00分頃(雨天決行)

場所

京丹後大宮インターチェンジ付近(京丹後市大宮町森本)

実施内容

  • オープニングセレモニー
    10時30分:開会挨拶(丹後・地域高規格道路推進協議会長(京丹後市長))
    10時40分:フリーウォーク出発号令(与謝野町長)
  • 高速道路フリーウォーク
    開通前の野田川大宮道路を開放し、開通後は決して立ち入ることができない道路上を歩いて、トンネルウォーク、パノラマウォークを楽しみませんか。
  • にぎわいトンネル市
    丹後の素材を生かした加工品や各種地場産品の展示販売(出店数:15団体)に加え、各種PRコーナーや、地元地域の伝統芸能の披露、地元市町村の紹介映像上映などさまざまな催しを道路上及びトンネル内で開催します。
  • 道路管理車両の展示
  • ゆるキャラの参加

参加資格

自由参加

会場への交通アクセス

  • 公共交通をご利用のかた
    京丹後大宮駅から送迎バスを運行
  • 自動車でお越しのかた
    大宮第一小学校、大宮北保育所横広場、京丹後市役所大宮庁舎に臨時駐車場を開設し送迎バスを運行

(ご注意ください)

  • 会場周辺には駐車場がありません
  • 会場へは臨時駐車場発着の送迎バスでしか入場できません。
  • 周辺の一般道路では、野田川大宮道路の開通へ向けた拡幅工事などが行われていますので、必ず臨時駐車場をご利用いただき、会場周辺での路上駐車は絶対にしないようご協力をお願いいたします。

その他

京丹後市と友好都市盟約を締結する木津川市からもPR等で参加。ゆるキャラのいづみ姫(木津川市)も登場予定。

主催・協力・後援

主催:丹後・地域高規格道路推進協議会、丹後歴史街道市町村交流まつり実行委員会
協力:丹後地域地場産業振興センター
後援:京都府、京都府道路公社、京都府高速道路網整備促進協議会

問い合わせ先

京丹後市建設部管理課
(丹後・地域高規格道路推進協議会事務局)
(丹後歴史街道市町村交流まつり実行委員会事務局)
電話0772-69-0510/FAX0772-72-5421
E-Mail:kanri@city.kyotango.lg.jp

 

ページの先頭へ戻る

 平成28年9月20日(火曜日)
山陰近畿自動車道・野田川大宮道路開通カウントダウンボードを設置しました!

山陰近畿自動車道・野田川大宮道路の開通が10月30日に決定したことを受け、9月20日に峰山庁舎玄関で、開通までの日数を表示するカウントダウンボードを設置しました。(台風16号の影響により当初予定していた除幕式は中止し、関係者による設置式のみ行いました。)
これは、市内の歓迎ムードを醸成するとともに、同道路開通に伴い京阪神など都市部との交流が活発化することへの期待を込めて設置するものです。
なお、今年度末には、新名神高速道路の八幡ジャンクションと城陽ジャンクションもつながる予定となっており、京都府南部や京阪神地域とのアクセスが飛躍的に向上することから、一般道の渋滞緩和はもちろん、地域間交流の活発化が期待されます。

写真1

カウントダウンボード設置の幕を外す三崎市長(左)と松本議長(右)

写真2

カウントダウンボードと一緒に並ぶ三崎市長(左)と松本議長(右)

 

ページの先頭へ戻る

 平成28年9月1日(木曜日)
京丹後市・与謝野町の児童が高速道路上で交流!野田川大宮道路で寄せ書きイベントが開催されました!

平成28年9月1日(木曜日)、京丹後市初となる京丹後大宮インターチェンジの開通へ向けて工事が進む野田川大宮道路の工事現場を、京丹後市立大宮南小学校5・6年生34人が見学しました。
参加者は、山陰近畿自動車道野田川大宮道路の道路上にチョークを使って思い思いのメッセージやイラストで寄せ書きを行った後、照明の消えた真暗なトンネル内を、各所で設備等の説明を受けながら徒歩で散策する“暗闇探検”を実施。普段体験のできない特別な空間を楽しんでいました。
この日は、与謝野町立岩滝小学校1年生48人も水戸谷トンネル与謝野町側で寄せ書きを実施しており、両校の児童は、トンネル内の京丹後市側から約1,400m地点にある市町境付近で合流。
合流の際、前方の暗闇から相手の声が聞こえ始めると、子供たちからは歓声が上がっていました。
その後交流メッセージを交換し、工事記録映像を視聴して、イベントは終了しました。

寄せ書きイベント写真1

トンネルの中で合流した京丹後市立大宮南小学校の子どもたちと、与謝野町立岩滝小学校の子どもたち

寄せ書きイベント写真2

道路に寄せ書きをする大宮南小学校の子どもたち

寄せ書きイベント写真3

道路に「祝開通、大宮南小」と寄せ書きをする大宮南小学校の子どもたち(2)

寄せ書きイベント写真4

寄せ書きと一緒に記念撮影

 

ページの先頭へ戻る

 平成28年8月6日(土曜日)
京丹後市・木津川市の少年野球チームが参加!野田川大宮道路で工事現場見学会が開催されました!

平成28年8月6日(土曜日)、開通へ向けて工事が進む野田川大宮道路の工事現場を、京丹後市と木津川市の少年野球チーム関係者70人が見学しました。
これは、友好都市盟約を締結する木津川市と京丹後市の交流事業の一環で、翌日に親善交流試合を予定していた両市の児童が、交流を兼ねて工事現場を訪れたものです。
当日は、野田川大宮道路の工事現場見学者が2,000人を達成する節目でもあり、記念のくす玉開きに始まり、高速道路上にチョークで寄せ書きしたり、トンネル排気用のジェットファンを間近に見たり、照明のないトンネル内を探検したりと、参加者は貴重な体験の数々を満喫していました。
野田川大宮道路に続き、今年度内には、新名神高速道路の八幡ジャンクションと城陽ジャンクションもつながる予定であり、京都府最北端の京丹後市と最南端の木津川市が高速道路でつながり、飛躍的にアクセスが向上することから、今後ますますの交流が期待されます。

工事現場見学会写真1

真っ暗なトンネル内を歩く見学者

工事現場見学会写真2

見学者2,000人達成の記念式典の様子

工事現場見学会写真3

道路に寄せ書きをする、少年野球の子どもたち

工事現場見学会写真4

寄せ書きと一緒に記念撮影

 

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ先

部署名:建設部管理課 

電話:0772-69-0510

ファックス:0772-72-5421

Eメール:kanri@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る