ホーム > 織物業生産基盤支援事業補助金のご案内

ここから本文です。

更新日:2017年6月2日

「織物業生産基盤支援事業補助金」のご案内【平成29年度受付終了】

京丹後市の伝統産業である織物業およびその関連産業の振興と発展を図るため、丹後織物工業組合が推薦する事業者が、市内で行う生産基盤の整備等の取り組みに対し、支援を行います。

補助制度の概要

補助対象事業者

次の(1)から(3)までの条件をすべて満たす事業者

(1)京丹後市内に住所を有する個人事業者または所在地を有する法人事業者

(2)統計法(平成19年法律第53号)第28条第1項の規定に基づき定められた日本標準産業分類の中分類11繊維工業に属する事業者で、丹後織物工業組合の推薦を受けた事業者。
織物業、撚糸業、整経業、紋工業および精練整理加工を行う事業者

(3)市税等に滞納がない事業者
市税等とは…京丹後市税条例(平成16年4月1日条例第80号)第3条に規定する市税、同第19条に規定する延滞金および同条例第21条に規定する督促手数料。

補助対象事業

織物業およびその関連産業の生産基盤を支えるために、市内で行う生産設備の新設、更新および改良事業。
「京都府伝統産業生産基盤支援事業費補助金」に申請した方も申請できます。

補助対象経費

機械装置購入費、備品購入費、外注加工費、運搬費、設置費、消耗品購入費、その他市長が必要と認める経費。消費税は対象外。
※補助対象経費の合計が30万円に満たない場合は、対象となりません。

補助率等

【補助金額】補助対象経費の3分の1以内の額(千円未満切り捨て)(上限250万円、下限10万円)
※ただし、市および市以外の補助金の交付合計額が、補助対象経費の3分の2の額を超えないこと。3分の2を超える場合は補助金の算出額から当該超える額を減額します。

補助対象期間 平成29年4月1日~平成30年3月31日
※原則、補助金の交付決定を受けてから着手し、平成30年3月31日までに支払いを完了させること。ただし、早期着手の必要性がある場合に限り、平成29年4月1日以降に着手したものであれば交付申請は可能です。
その他 交付申請にあたっては、丹後織物工業組合の推薦書が必要です。

申請書の提出 【平成29年度受付終了】

提出期限

平成29年度の受付は終了しました。

申請書など

提出方法

持参または郵送によります。

補助金の詳細

補助金の詳細は、募集要項をご覧ください。

申し込み、問い合わせ先

〒629-3101
京丹後市網野町網野353-1
京丹後市役所商工観光部商工振興課
(電話)0772-69-0440

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ先

部署名:商工観光部商工振興課 

電話:0772-69-0440

ファックス:0772-72-2030

Eメール:shokoshinko@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る