ホーム > 2017歴史街道丹後100㎞ウルトラマラソンの中止について

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

2017歴史街道丹後100kmウルトラマラソンの中止について

平成29年9月17日(日曜日)に開催予定の、第17回2017歴史街道丹後100kmウルトラマラソンは、台風18号の接近に伴い、選手、スタッフの安全確保などの観点から中止といたします。
(本日開催の歴史街道丹後100kmウルトラマラソン実行委員会で決定しました)

参加者、関係者の皆さんには大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解ご協力をお願いします。
なお、本大会は中止であり、延期開催の予定はありません。

歴史街道丹後100kmウルトラマラソン実行委員会

エントリーランナーさんへのご連絡

大会規則により、中止に伴う返金等は行っておりませんのでご了承ください。
参加賞のTシャツ、ジオパークシリーズの缶バッジ等につきましては、後日お送りいたします。

立哨員さんへのご連絡

大会の立哨員さんは、大変お手数ですが、事前にお配りした手旗、誘導棒、ベスト、拡声器、無線機、笛を、最寄りの市民局へ9月22日金曜日までにご返却いただきますようお願いいたします。
(ボランティアTシャツ、帽子については返却の必要はありません)

市長コメント
「2017歴史街道丹後100kmウルトラマラソンの中止について」

第17回2017歴史街道丹後100kmウルトラマラソンは、非常に強い台風18号の接近に伴い、参加ランナーの皆さま、大会ボランティアほか関係者の安全が確保できないと判断し、中止せざるを得ない結果となりました。本大会に向けて日々練習を重ねてこられたランナーの皆さまには大変心苦しく、苦渋の決断ではございますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

当実行委員会では、台風18号の進路が東寄りに進路を変えて以降、大会の開催実現を模索し、幾度となく協議を重ねてまいりました。
しかしながら、9月15日(金曜日)午前9時現在の気象庁の発表によると、「台風18号の進路予想は、非常に強い勢力を維持したまま日本列島に接近し、17日(日曜日)には九州に上陸。京丹後市へは17日(日曜日)の夜遅くに最接近することが見込まれ、さらには台風の北上に伴い、九州南部付近に停滞する前線の活動が次第に活発となり、16日(土曜日)午後から西日本を中心に大荒れとなる見込み」とのことでした。
このような予報から考えますと、16日(土曜日)の前日受付に向け九州・中国方面からお越しになるランナーのみなさんへの影響、中心から半径200キロメートル以内が風速25メートル以上の暴風域となることでの海岸線等を走るランナーへの影響、また、大会終了後、帰路につくみなさんの交通への影響が考えられること等、3,662名のランナーのみなさんと、中高校生を含む約1,400名のボランティア・スタッフの安全確保が懸念されることから、15日(金曜日)午後1時15分に臨時の実行委員会を開催し、今大会の中止を決定いたしました。
遠方からのランナーも本市を目指して移動を開始されることも考えられますので、“早めの判断”、“早めの発表”が必要であると判断し、本日15日(金曜日)午後2時をもって中止の発表を行った次第です。

今大会は、このような結果になりましたが、来年以降も、多くのランナーのみなさんにご参加いただけるよう、これまで以上に魅力ある大会にしてまいりたいと存じます。
何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年9月15日
歴史街道丹後100kmウルトラマラソン
実行委員会 会長 三崎 政直

お問い合せ先

部署名:商工観光部スポーツ観光・交流課 

電話:0772-69-0470

ファックス:0772-72-2030

Eメール:sportskanko@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る