ホーム > くらしのガイド > 産業・就業 > 農林水産業 > 京丹後市新規就農相談窓口

ここから本文です。

更新日:2013年4月2日

京丹後市新規就農相談窓口

新規就農相談窓口(リンク) 丹後国営開発農地(リンク) 新規就農者の声(リンク) 丹後農業実践型学舎(リンク)
新規就農相談窓口 丹後国営開発農地 新規就農者の声 丹後農業実践型学舎

 

~就農をお考えの方は、ぜひ京丹後市で!~  京丹後市新規就農相談窓口

   京丹後市は、全国有数の良食味米「特A」丹後産コシヒカリや丹後地域国営開発農地での野菜や茶、京野菜の主産地です。
   京丹後市で農業を始めたい方の営農スタイルに応じた就農支援、また京丹後市で農業をしながら田舎暮らしがしたい都市部の方、農業法人等を設立したい方など、さまざまな相談に応じる「ワンストップ窓口」を設置しています。

 

相談窓口の設置場所

◆ 設置場所 京丹後市役所大宮庁舎  農林水産部農政課内
◆ 相談時間 土曜日・日曜日・祝日を除く  8時30分~17時15分
◆ お問い合せ先 TEL  0772-69-0410  FAX  0772-64-5660
E-mail  nosei@city.kyotango.lg.jp
◆ インターネット相談

以下の相談フォームからご相談いただけます。

「個人農家」を目指している場合
矢印下向き
個人農家を目指すかた 新規就農相談フォームへ

 

「農業法人等の設立」を目指している場合
矢印下向き
農業法人等の設立を目指すかた 新規就農相談フォームへ

24時間受け付けておりますが、閉庁日(土曜日・日曜日・祝日)の場合は、ご連絡が遅くなる場合があります。

◆ 相談カード様式

直接窓口にお越しになる場合は・・・・・

聞き取り時間を短縮するため、以下のカードを印刷してご利用ください。

リスト 京丹後市新規就農相談カード(ワード:51KB)
リスト 京丹後市新規就農相談カード(PDF:127KB)

 

相談窓口の主な相談内容

(1)相談受付
(2)新規就農相談カードによる聞き取り 
(3)市の農業施策の現状説明 
(4)市の農作物の作付け・収穫状況の説明 
(5)市内の農業法人の進出状況・求人情報の説明と紹介 
(6)市内の空き家・空き農地の説明 
(7)就農支援資金・融資制度の説明 
(8)就農に必要な基本技術及び知識の説明
(9)住居・居住環境の説明
(10)市内で農業法人を設立・集落営農組織を設立する為の各種手続きについての説明 
(11)その他、新規就農をするための各種手続きについての説明

 

相談体制フロー 

相談体制フロー

 

就農までの道筋フロー 

STEP1 新規就農希望者

リスト 農業を始めるために必要な情報収集
リスト どんな農業をやりたいのか、自分でイメージを固める
リスト 就農について家族の同意を得る

                     矢印下向き

STEP2 就農相談

リスト 就農相談窓口に相談する   
リスト 農業・農村について理解を深める
リスト より具体的な情報を収集し、農業体験などに参加する
リスト 農業法人等で就業体験をする
リスト 農業を始めるための農地・住居・居住環境・研修・資金等を知る
リスト 営農スタイルのイメージを固める

                     矢印下向き 

STEP3 就農の意志決定

リスト 自営農家として就農するかどうか決断する
リスト 営農計画の作成
リスト 就農場所の選定
◆農業法人等への就職活動(農業法人に就職する場合)
  【この場合は、就農資金が無くても就農可能、働きながらノウハウ・技術を習得できる】

                     矢印下向き 

STEP4 就農の準備

リスト 就農資金の活用検討
リスト 営農計画に基づき、実行に移る
リスト 農地・住居の準備
リスト 農業機械・施設等の確保
リスト 就農地の集落代表者等へのあいさつ

                     矢印下向き

STEP5 就農

リスト 営農開始
◆農業法人への就職

 

※この道筋は一つの基本モデルであり、個人によって就農までの道筋には違いがあります。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ先

部署名:農林水産部農政課 

電話:0772-69-0410

ファックス:0772-64-5660

Eメール:nosei@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る