教育委員会トップ 教育委員会のご案内 学校紹介 社会教育 文化財 施設一覧

ホーム > 市政情報 > 市の機関 > 教育委員会トップ > 文化財 > 展示会・講座等案内

ここから本文です。

更新日:2017年7月13日

展示会・講座等の案内

京丹後市文化財セミナー

平成29年度京丹後市文化財セミナー開催についてお知らせします。
事前申し込み不要で、料金は無料です。

第一回京丹後市文化財セミナー~京丹後市のまちなみ・建築~を開催します。

京丹後市史資料編『京丹後市のまちなみ・建築』の発刊を記念し、京都府立大学の大場修先生らによる講演会を開催します。
私たちが日々暮らしている街並みや建物の魅力を詳しく解説していただけます。この機会にぜひお越しください。

  • 開催日:平成29年6月17日土曜日
  • 時間:午後1時30分~午後4時30分
  • 会場:丹後地域公民館大ホール(京丹後市丹後町間人2624)
  • 講演内容など:
    「京丹後市域を彩る集落と民家・その魅力と価値」大場修先生(京都府立大学大学院教授)
    「丹後ちりめんをささえた建築」山田智子先生(京都文教短期大学教授)

 

京丹後史博士育成講座(別ページへリンク)

京丹後史博士講座の開催について、お知らせしています。

『丹後・東海地方のことばと文化~兄弟のようなことばを持つ両地方~』販売のお知らせ

平成26年度に丹後と名古屋(尾張)のことばが極めて類似していることから、両地方のことばと背景にある丹後と東海地方の歴史や文化について調査を実施し報告書としてまとめました。平成27年5月27日より京丹後市内の書店にて販売いたします。

報告書の概要

A4サイズ、132ページ

価格

500円(税込)

目次

第1章丹後・東海地方の方言

  • 第1節【概説】丹後方言の特徴:糸井通浩
  • 第2節愛知県方言:鏡味明克
  • 第3節〈丹後弁〉と〈尾張弁(名古屋弁)〉の類似性:糸井通浩
  • 〔参考資料〕尾張弁(名古屋弁)と丹後弁の共通言い回し
  • 第4節丹後方言と名古屋市方言の共通語彙:鏡味明克
  • 第5節丹後弁と名古屋弁の方言会話:井上正一・鏡味明克

第2章丹後・東海地方の文化と交流

  • 第1節丹後・東海地方をめぐる土器の交流〜弥生時代から古墳時代へ〜:高野陽子
  • 第2節青銅器文化から観えてくる北近畿・東海地方の交流:赤塚次郎
  • 第3節丹後と尾張の赤米(古代米)について:安本義正
  • 第4節伊勢神宮外宮と豊受大神、丹後国風土記の伝承:荊木美行
  • 第5節『海部氏系図』の基礎的研究:鈴木正信

取扱書店(50音順)

購入についてのお問い合わせは、下記の書店まで直接ご連絡ください。

取り扱い書店一覧
店名 住所 電話番号
東書店 京丹後市丹後町間人2653-4 0772-75-0073
イケダ堂 京丹後市久美浜町3113 0772-82-0076
田崎書店 京丹後市大宮町口大野400-17 0772-64-2218
中市書店 京丹後市丹後町間人2367 0772-75-0158
平井商店 京丹後市弥栄町溝谷3316 0772-65-2514
まるぜん書店網野店 京丹後市網野町下岡137 0772-72-5454
まるぜん書店マイン店 京丹後市峰山町新町1606-1 0772-69-3200
マルヨシ書店 京丹後市峰山町杉谷700-5 0772-62-0483
淀徳商店 京丹後市峰山町白銀33 0772-62-0801
淀徳商店丹後大宮店 京丹後市大宮町周枳2247 0772-68-1331

名古屋市博物館ミュージアムショップでも販売を開始しました!

書籍の購入については名古屋市博物館(電話:052-853-2655、ファックス:052-853-3636)にお問い合わせください。

〒467-0806名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
名古屋市博物館
(電話:052-853-2655、ファックス:052-853-3636)

 

お問い合せ先

部署名:教育委員会事務局文化財保護課

住所:〒629-2501 京都府京丹後市大宮町口大野226番地

電話:0772-69-0640

ページの先頭へ戻る