ホーム > 市政情報 > ふるさとづくり・まちづくり > 滞在型市民農園 京丹後市蒲井シーサイドクラインガルテン > 周辺案内

ここから本文です。

更新日:2016年8月19日

滞在型市民農園 京丹後市蒲井シーサイドクラインガルテン
森をぬければ青い海が広がる
トップ施設の概要施設使用料施設案内施設の間取施設の室内周辺案内アクセスお問い合わせ待機状況
イメージ(花)
 
 
周辺案内

 

写真:久美浜湾  

久美浜湾(くみはまわん)

小天橋と称される砂嘴(さし)で湾口をふさがれた内海。
実際は日本海とつながっており、長さ約6kmの遠浅の白浜が続く小天橋の西端にわずか30mほどの水路があります。
波おだやかな久美浜湾ではカキの養殖が盛んに行われています。
山陰海岸国定公園に指定されています。

     
写真:豪商稲葉本家  

豪商稲葉本家(ごうしょういなばほんけ)

~豪商 稲葉本家の歴史と生業~

稲葉本家は、織田信長家臣、美濃の稲葉一族の末裔と言われ、この久美浜の地にて糀製造で得た富を背景に廻船業を営み、沿岸交易によって巨富を得、付近諸藩の金融を独占するほどの豪商でした。
母屋は、衆議院議員も務めた12代目の市郎右衛門英裕が明治18年から5年の歳月をかけ建設し、13代目の稲葉市郎右衛門は、多額の私財を投じて旧国鉄宮津線の久美浜-豊岡間を開通させたことで有名です。
吟松舎では、とろろ飯(要予約)やぼたもちなどが有料で味わえ、陶芸やお香づくりの体験(有料、要予約)ができる工房「匠処」や特産品販売所もあります。

     
写真:くみはまサンカイカン  

くみはまサンカイカン

丹後の特産物の品ぞろえが充実しています。地元農家が育てた採れたての野菜がならぶ朝市があります。
館内にはレストランもあり、地元の食材を使ったメニューやバイキングを味わうことができ、月に一度のイベントでは多くの買い物客で賑わいます。
平成23年4月から道の駅に登録。365日無休。

     
写真:琴引浜  

琴引浜(ことひきはま)

琴引浜は鳴き砂で有名な景勝地で、国の天然記念物に指定されています。
砂の上を歩くと「クックッ」と音がするため、「鳴き砂」と呼ばれます。
琴引浜は全長1.8kmあり、夏は多くの海水浴客で賑わいます。

     
写真:丹後王国「食のみやこ」  

丹後王国「食のみやこ」

西日本最大級の道の駅。新鮮な野菜や海産物が揃うマルシェスペース、海鮮、野菜、お肉、乳製品など、丹後の食材をふんだんに使ったレストランなど、丹後の本物の食材をお楽しみ頂けます。

     
写真:温泉イメージ  

温泉

京丹後市内には、40ヵ所の泉源が湧いています。
京都府内では一番の多さで、いろいろな泉質を楽しむことができます。

 

 

お問い合せ先

部署名:農林水産部農政課 

電話:0772-69-0410

ファックス:0772-64-5660

Eメール:nosei@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る