ホーム > 市政情報 > ふるさとづくり・まちづくり > 市民協働のまちづくり

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

市民協働のまちづくり

~豊かな地域社会の創造を目指して~
市民協働のまちづくり事例をご紹介します

 

市民と行政の協働の取り組み事例

   市民と行政の協働を進めるにあたり、市民と行政職員双方の意識づくりや市民活動拠点整備などの環境づくり、協働による事業の推進を図ることなどを目的として、平成18年2月に策定した「市民と行政の協働推進指針」及び協働取り組み事例をご紹介します。(平成27年3月改訂) 

 

市民力活性化推進プロジェクトの活動事例

   「市民力」を活かしたまちづくりを進めることを目的に、公共的・社会貢献的な事業を独自の発想や新しい視点から主体的に実施する市民団体などに対する支援を行っています。京丹後市内で取り組まれているこうした市民団体などの皆さんの様々な活動をご紹介します。

 

地域まちづくり計画の策定事例

   市民自らが自分たちの住む地域の中長期的な「地域まちづくり計画」を策定し、活力ある豊かで自立した地域づくりを積極的に推進されている地域に対して支援を行っています。各地域において策定された「地域まちづくり計画」をご紹介します。

 

京丹後市まちづくり委員会の活動

   市民の行政への参加を促し、自治と協働によるまちづくりを推進するため、平成22年4月に施行された「京丹後市まちづくり委員会条例」に基づき、平成22年6月に発足した「京丹後市まちづくり委員会」の活動をご紹介します。

 

水と緑の里づくり支援員の活動

   人口の減少や高齢化などにより集落の自治機能を維持することが困難となりつつある小規模集落の状況を把握し、区長さんとともに集落の運営をサポートする「水と緑の里づくり支援員」の活動をご紹介します。

 

ふるさと共援活動支援事業の取り組み事例 

   過疎化・高齢化の進んだ農村集落と大学や企業、NPO等の集落外の協力者で構成する「ふるさと共援組織」が一体となって課題解決に取り組み、農村集落の再生を図っている事例を紹介します。 

 

里力再生事業の取り組み事例 

   過疎・高齢化の進んだ農村地域と地域住民団体等が構成する「集落連携組織」が一体となって課題解決に取り組み、農村地域の再生を図っている事例を紹介します。 

 

コミュニティビジネス応援事業 

   コミュニティビジネスとは、地域課題を市民の皆さんが主体となり、ビジネスの手法を用いて解決していく事業をいいます。コミュニティビジネス応援補助金を利用した事例を紹介します。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る