ホーム > 市政情報 > 市の機関 > 京丹後市立弥栄病院トップページ > 部署紹介 > リハビリテーション科 > リハビリテーション(学術活動)内容を更新しました

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

リハビリテーション学術活動

リハビリテーション科の学術活動を掲載しています。

基礎研究や症例発表など、当科スタッフの学術活動を掲載し、
その一部ではコメントを公開します。

演題・テーマ (1)発表者/講師・(2)学会名/講習名・(3)開催
装具の機械的分析とバイオメカニクスの観点から装具選択の一手を探る

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田匡純(理学療法士)
理学療法士講習会(応用編)

平成29年10月29日(日曜日)

脊椎圧迫骨折の在院日数に及ぼす因子の検討

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日 

大江寿(理学療法士)
第19回日本骨粗鬆症学会
平成29年10月20~22日 

長下肢装具から短下肢装具へカットダウンを行う際の足背屈制動は戦略として適切か

~種類の異なる長下肢装具の床反力と関節モーメントから検証する~ 

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日 

梅田匡純(理学療法士)
第33回日本義肢装具学会学術大会

平成29年10月8~9日 

閉鎖的運動連鎖を利用した自動介助運動がTKA後膝関節屈曲可動域に有効であった一症例 (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

山下亮太郎(理学療法士)
平成29年度新人症例報告会

平成29年9月24日(日曜日)

現職復帰を目指したTKA患者の術後一年間の経過
~術後早期の疼痛管理に着目して~
(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

川戸奈々美(理学療法士)
平成29年度新人症例報告会

平成29年9月24日(日曜日)

筋骨格系疾患及び廃用症候群に関する事例

(1)講師

(2)学会名

(3)開催日

梅田匡純(理学療法士)
京都府介護支援専門員実務研修

平成29年5月18日(木曜日)

麻痺肢に対する治療用長下肢装具の適応を床反力解析から検証する-第1報-
短下肢装具では見解の分かれる足背屈制動が長下肢装具では有効性を示した

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田匡純(理学療法士)
第52回日本理学療法学術大会

平成29年5月12日(金曜日)

プラスチック長下肢装具の特性による運動学習の効果
~重度片麻痺を呈した3症例を通して~

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

中西康二(理学療法士)
第6回脳血管障害への下肢装具カンファレンス2017
平成29年2月11日(土曜日)
脳卒中片麻痺患者の実用歩行獲得に至る要因の考察
~2ヶ月間で2動作前型歩行獲得に至った症例を通して~(PDF:1,375KB)

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

中西康二(理学療法士)
第56回近畿理学療法学術大会
平成28年11月26~27日
装具の機械的分析とバイオメカニクスの観点から装具選択の一手を考える(PDF:2,891KB)

(1)講師

(2)講習名

(3)開催日

梅田匡純(理学療法士)
理学療法士講習会(応用編)「脳卒中の歩行問題分析と解決手段」
平成28年10月2日(日曜日)
ステージ2の脳卒中患者が2ヵ月で2動作歩行の実用化

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

大江寿(理学療法士)
京都府理学療法士会北部研修部研修会「脳卒中のケースカンファレンス」
平成28年7月10日(日曜日)
立脚相の筋活動変化からみたプラスチック製長下肢装具適応の検討
~生活期脳卒中患者2症例が実用性歩行を獲得した経験から考察する~

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田匡純(理学療法士)
第5回脳血管障害への下肢装具カンファレンス
平成28年2月27日(土曜日)

重度片麻痺を呈した脳卒中患者に対して下肢装具作成を見送った経験

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

中西康二(理学療法士)

第26回京都府理学療法士学会

平成28年1月17日(日曜日)

脳卒中患者に対してプラスチック製長下肢装具を利用した歩行練習

(1)講師

(2)講習名

(3)開催日

梅田匡純(講師)(理学療法士)

福井神経理学療法研究会特別研修会

平成27年11月29日(日曜日)

触診と関節モビライゼーション

(1)講師

(2)講習名

(3)開催日

大江 寿(理学療法士)

京都府理学療法士会北部研修部研修会

平成27年11月8日(日曜日)

長下肢装具の生体学的メカニズム

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田匡純(理学療法士)

理学療法士講習会「脳卒中歩行異常サインの分析と3D下肢装具療法」

平成27年11月1日(日曜日)

人工膝関節置換術後早期の関節可動域練習方法を検討する

~自動運動と他動運動の筋電図解析から~

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田匡純(講師)(理学療法士)

第50回日本理学療法学術大会

平成27年6月5日~7日

神経学的解釈と運動学的解釈(PDF:8,114KB) (1)講師

(2)講習名

(3)開催日

梅田匡純(講師)(理学療法士)
理学療法士講習会応用編「脳卒中歩行病態の評価と3D下肢装具療法」
平成26年7月19日~20日

ヒラメ筋の活動特性が立脚相に与える影響の筋電図学的一考察
~維持期脳出血例の歩行再建、縦断的検討~(PDF:773KB)
(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田匡純(理学療法士)

第10回日本神経理学療法学会学術集会(京都)
平成25年12月14日~15日

下肢装具の種類と立脚アライメントが脳卒中片麻痺の歩容形態に与える影響
~歩行再建に向けた維持期脳卒中の一例報告~(PDF:1,515KB)

プラスチック長下肢装具を使用した高緊張型の維持期脳卒中に対する3-D下肢装具療法について、
装具の処方・セットアップや歩行練習の具体的内容を中心に紹介しています。
(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

安部遥(理学療法士)
第53回近畿理学療法学術大会(京都)
平成25年11月3日

長下肢装具の足関節背屈制動が歩行立脚相の筋活動に及ぼす影響
~両下肢痙性麻痺患者の筋電図学的検討~(PDF:1,376KB)
(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田匡純(理学療法士)
第53回近畿理学療法学術大会(京都)
平成25年11月3日
標準型車いすの機能的座位を考える
~当院の車いすの現状を背景に~
(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

中山信隆(作業療法士)
第22回京都府国保地域医療学会
平成25年9月28日
呼吸器合併症を併発した重症くも膜下出血患者に対する呼吸理学療法 (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

松尾 正寛(理学療法士)
京都府理学療法士会北部研修部症例発表会
平成25年9月22日
半側空間無視、pusher現象を呈した症例を経験して (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

岡田 里沙(作業療法士)
京都府作業療法士会教育部現職者共通研修会「事例報告」
平成25年2月3日
外傷性脳損傷四肢麻痺に対する下肢装具療法を用いた教示と運動学習の効果 (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

安部 遥(理学療法士)
京都府理学療法士会北部研修部症例発表会
平成24年11月25日
TKA後の当院での関わり~持続的自動介助運動を用いた疼痛コントロール~ (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

西田 彩乃(理学療法士)
京都府理学療法士会北部研修部症例発表会
平成24年11月25日
高齢者の腱板断裂術後リハビリテーションの小経験
~transacromional approachによる外科的腱板縫合~
(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

安部 遥(理学療法士)
第22回京都府理学療法士学会
平成24年1月29日

回復期リハ終了期限を迎えた脳卒中例に関わりみえてきた回復期における理学療法の役割 (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田 匡純(理学療法士)
第50回近畿理学療法学術大会(和歌山)
平成22年11月21日

術後1年経過したTKAの治療成績

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

大江 寿(理学療法士)
第50回近畿理学療法学術大会(和歌山)
平成22年11月21日

在宅~短期集中入院リハビリテーション~在宅

効率的なかかわり

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田 匡純(理学療法士)
第50回全国国保地域医療学会(京都)
平成22年10月8日
訪問リハにおける精神的ケア (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

中山信隆(作業療法士)
第49回全国国保地域医療学会(仙台)
平成21年10月1日~2日
頸椎症性脊髄症に合併した重度の両側変形性膝関節症に対して
手術療法と理学療法が奏功した一症例
(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田 匡純(理学療法士)
第44回日本理学療法学術大会(東京)
平成21年5月28日
一期的両側人工膝関節形成術のクリティカルパス応用への検討 (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

大江 寿(理学療法士)
第19回京都府理学療法士学会
平成20年12月21日
当院におけるアキレス腱断裂の後療法 (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

安部 遥(理学療法士)
第48回近畿理学療法学術大会(大阪)
平成20年11月2日

プラスチック製長下肢装具による歩行の3-Dアプローチ法の紹介

(1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

梅田 匡純(理学療法士)
第18回京都府理学療法士学会
平成20年1月27日
大腿骨頸部骨折後、頸体角・前捻角の変化により可動域制限をきたした症例 (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

大江 寿(理学療法士)
第18回京都府理学療法士学会
平成20年1月27日
両変形性膝関節症を呈した症例 (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

安部 遥(理学療法士)
京都府理学療法士会北部ブロック症例発表会
平成18年12月17日
UKA後の理学療法の小経験 (1)発表者

(2)学会名

(3)開催日

大江 寿(理学療法士)
第46回近畿理学療法学術大会
平成18年11月26日

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。