ホーム > 市政情報 > 市政・情報公開 > 京丹後市の行財政改革 > 職員提案制度

ここから本文です。

更新日:2016年8月10日

京丹後市の職員提案制度

京丹後市では、市職員の士気の高揚を図るとともに、活力ある組織づくりを進め、市民の皆さんの満足度向上につながるよう、平成17年度から「職員提案制度」を導入しています。

職員提案制度を見直しました

職員からより多くの提案が出されるよう、平成26年10月から職員提案制度の見直し(審査基準の見直しなど)を行いました。

1.提案の内容

職員提案の内容は、職員の創意工夫(考察)による具体的・実現可能なもので、次のいずれかに該当するものとしています。

(1)事務事業の改善および改革に関するもの

(2)政策または施策の充実に関するもの

(3)行政能率の向上に関するもの

(4)その他、市の発展に関するもの

2.職員提案の流れ

職員提案制度わたしの提案が事務改善につながる

(1)提案募集(随時)
 
(2)職員提案審査委員会(委員長:副市長)で提案内容を審査※平成28年8月までに61件を審査
 
(3)提案の採否を決定
 
(4)採用又は一部採用した提案の中から実施が必要と認められるものについて、市長から実施指示
 
(5)関係部局で実施に向けた検討や取組を開始

 

3.職員提案審査委員会による審査結果(平成24年度以降分)

平成24年度 第1回委員会審査結果  
平成25年度 第1回委員会審査結果 第2回委員会審査結果
平成26年度 第1回委員会審査結果 第2回委員会審査結果
平成28年度 第1回委員会審査結果 New!  

 

 

4.職員提案制度から実現した主な取組や事業

提案テーマ 提案内容 取組・事業開始年度
救マーク表示事業所認定制度

応急手当に関する必要な講習を受けた事業所に「救マーク認定事業所」と表示したプレートを市消防本部から交付し、応急手当の普及啓発に努める。

平成18年度
既存備品の有効活用 各職場・施設で使用していない備品データを作成し、情報を共有することにより、備品購入費の節減、より良い職場環境の実現及びより良い住民サービスの実現へと繋げていく取組。 平成18年度
災害時のメール送信システムの改善 災害発生時などに、市職員の携帯電話へ緊急参集メールを送信するシステムの改善を行い、メールの送信及び参集可否の回答までの時間を、これまで以上に素早く的確に行う取組。 平成18年度
有害鳥獣である増えすぎたイノシシの肉の商品化・特産品化

イノシシによる農作物への被害が増加する中、捕獲されたイノシシ肉を食品加工して特産品化し、観光の土産物や市民の食卓に上がるような仕組みを作る。

平成19年度

長寿のまちからノルディックウォークによる健康と観光を 老若男女を問わず取り組めるノルディックウォークをとおして市民の健康の維持、増進を図るとともに、市の景観を活かし観光にも活用する取組。 平成25年度

 

ページの先頭へ戻る


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ先

部署名:財務部行革・管財課 

電話:0772-69-0080

ファックス:0772-69-0901

Eメール:kanzai@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る