ホーム > 市政情報 > 市政・情報公開 > 市の計画・施策 > 第6期京丹後市高齢者保健福祉計画

ここから本文です。

更新日:2015年6月8日

第6期京丹後市高齢者保健福祉計画

~安心していきいきと暮らせる健康長寿のまちづくり~

計画策定の趣旨

 国では平成12年から介護保険制度をスタートさせ、その後、介護保険法や老人保健法の改正によって、予防重視型システムヘの転換や地域密着型サービスの導入、地域包括支援センターの創設、新たな高齢者医療制度の発足などを進め、高齢者を取り巻く状況に対応してきました。
 この間、高齢化の進展に伴う要介護者の増加、それに起因する介護給付費の増加、さらに介護保険料の高騰、介護サービス提供体制の充実を支える介護従事者の育成・確保、地域医療と介護の連携、認知症対策など、様々な課題が顕在化してきています。
 今後より一層高齢化が進行し、要介護認定者や認知症高齢者、ひとり暮らし高齢者世帯等の増加が見込まれ、高齢者の生活様式、価値観も多様化するものと考えられ、地域に暮らす高齢者への支援環境のさらなる充実が求められています。
こうした中、団塊の世代が後期高齢者になる2025年(平成37年)を見据えて、制度の持続可能性を維持しながら、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で生きがいをもった生活を送るためには、「医療」「介護」「予防」「住まい」「生活支援」の5つのサービスを一体的に提供していく『地域包括ケアシステム』の考え方のもと、地域にふさわしいサービス提供体制の実現を図ることが必要であるとしています。
 本市では、高齢者を取り巻く状況の変化や諸課題に対応するため、高齢者保健福祉及び介護保険事業の取り組みを総合的かつ体系的に見直し、平成27年度から平成29年度までの施策を明らかにした「第6期京丹後市高齢者保健福祉計画」を策定するものです。

計画の位置づけ

高齢者福祉計画は老人福祉法第20条の8に規定する計画であり、市町村老人福祉計画として策定するものです。また、本計画は、介護保険法第117条の規定に基づき策定される介護保険事業計画と一体的に策定されています。
本計画は、本市の総合計画をはじめ、「京丹後市地域福祉計画」及び「京丹後市健康増進計画」といった関連諸計画と調和を図りながら、推進を図ります。

京丹後市総合計画
京丹後市地域福祉計画
からの(右矢印)
京丹後市高齢者保健福祉計画
京丹後市地域福祉計画からの(右矢印)
京丹後市障害者計画
京丹後市障害福祉計画
京丹後市地域福祉計画からの(右矢印)
京丹後市健康増進計画
京丹後市地域福祉計画からの(右矢印)
京丹後市子ども・子育て支援事業計画

計画の期間及び計画の策定体制

(計画の期間)
本計画は、平成27年度から平成29年度までの3か年計画であり、本市の第6期計画です

平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 平成31年 平成32年
第5期計画(平成24年~平成26年)            
    見直し 第6期計画(平成27年~平成29年)      
          見直し 第7期計画(平成30年~平成32年)
                見直し


(計画の策定体制及び点検)
本計画の策定においては、京丹後市在住の65歳以上の一般高齢者、要支援・要介護認定者等を対象に実施した介護保険サービスなどに関するアンケート調査を行うとともに、第5期計画における施策の検証及び今後の方向性を行政内部で検討しながら、第6期計画を作成しています。
また、学識経験者、保健医療関係者、福祉関係者、保険者などからなる「京丹後市健康と福祉のまちづくり審議会」を開催し、十分な議論を重ね計画を策定しました。
本計画については、各年度において「京丹後市介護保険事業運営委員会」などにより、達成状況の点検を行います。

第6期京丹後市高齢者保健福祉計画

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ先

部署名:健康長寿福祉部長寿福祉課 

電話:0772-69-0330

ファックス:0772-62-1156

Eメール:chojufukushi@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る