ホーム > 市政情報 > 市政・情報公開 > 市の計画・施策 > 京丹後市役所本庁機能集約化基本方針

ここから本文です。

更新日:2015年3月26日

京丹後市役所本庁機能の集約化に向け
「京丹後市役所本庁機能集約化基本方針」を策定

市では、更なる市民の利便性及び行政運営の効率性の向上に向けた本庁機能の集約化を図るため、次のとおり「京丹後市本庁機能集約化基本方針」を策定いたしました。

1.策定までの経過

 京丹後市役所の本庁機能のあり方につきましては、合併時から「分庁舎方式」により、主に峰山庁舎、網野庁舎及び大宮庁舎の3庁舎を中心に利活用をしてきました。
 この間、老朽化や耐震化への対応を含めた将来的なあり方について、「京丹後市まちづくり委員会」などから、集約化の推進に積極的な答申やご意見が出されてきたことから、市では、平成26年12月策定の「第3次京丹後市行財政改革大綱」の中で「合併による行財政改革の効果をより一層発揮するため、本庁機能の集約化についても検討を進める」と定めたところです。
 このような中、市条例に基づき設置した「京丹後市本庁舎整備検討委員会」に本庁機能の集約化について諮問をし、2月24日に答申を受けました。
 市では、当該答申に基づく「京丹後市役所本庁機能集約化基本方針(案)」について、2月26日(木曜日)から3月18日(水曜日)までの間、パブリック・コメントを実施し、市民の皆様からご意見を募集いたしました。
 その結果、意見の提出はありませんでしたので、別紙のとおり「京丹後市役所本庁機能集約化基本方針」を策定しました。

京丹後市役所本庁機能集約化基本方針

平成27年3月19日策定

 京丹後市役所の本庁機能のあり方については、合併時から、旧役場庁舎利用の「分庁舎方式」を採用しながら、主に峰山庁舎、網野庁舎及び大宮庁舎の3庁舎を中心に利活用を図ってきた。
 この間、老朽化や耐震化への対応を含めた将来的なあり方について、京丹後市まちづくり委員会をはじめ、京丹後市行政評価委員会、京丹後市議会その他関係団体から、「本庁機能の集約化」について、その推進に積極的な答申や意見が出されてきたところである。
 このような中で、平成26年12月、京丹後市議会の議決を経て、第3次京丹後市行財政改革大綱が策定され、第3節(効率的・効果的な行政運営の推進)の1(組織の機能向上と効率化)において、「合併による行財政改革の効果をより一層発揮するため、本庁機能の集約化についても検討を進めていく必要がある」という指針が示された。
 よって、更なる市民の利便性及び行政運営の効率性の向上に向け、次のとおり本庁機能の集約化を図ることとし、ここにその基本方針を定める。


  1. 現在、京丹後市役所の位置として定められている峰山庁舎及びその周辺(以下「峰山庁舎近辺」という。)を必要最小限の費用で整備することにより、大宮庁舎、網野庁舎及び丹後庁舎に存置する本庁機能をできる限り峰山庁舎近辺に集約化する。

  2. すべての本庁機能を峰山庁舎近辺に集約化することが経費的若しくは物理的な見地から勘案して不利若しくは困難な場合又は他の建物を利用するほうが有利な場合は、建築経過年数が少ない大宮庁舎をできる限り当該他の建物として利活用する。この場合において、市長部局の本庁機能は、できる限り峰山庁舎近辺に集約化する。

  3. 本庁機能の集約化のための庁舎、駐車場等の整備は、その進捗状況を市民に公開しつつ、平成29年度末までの完了を目途とする。

お問い合せ先

部署名:企画総務部企画政策課 

電話:0772-69-0120

ファックス:0772-69-0901

Eメール:kikaku@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る