ホーム > 市政情報 > 市政・情報公開 > 市の計画・施策 > (旧)京丹後市子どもの読書活動推進計画

ここから本文です。

更新日:2014年9月19日

京丹後市子どもの読書活動推進計画

京丹後市子どもの読書活動推進計画を策定しました

読書
読書
 読書は、子どもが言葉を学び、表現力を高め、感性を磨き、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないものです。
 ところが近年、映像文化・メディアの発達により子どもの生活環境が大きく変化し、子どもの読書離れが心配されるようになって久しくなりました。今や子どものみならず若者・中年の層までが本を読まなくなったと言われています。また、さらに活字離れも進み、「読み書き」の力が、低下してきていると心配されています。
 国においては、こうした現実に危機感を抱き、子どもの読書活動を支援するため、平成13年12月に「子どもの読書活動の推進に関する法律」が公布・施行されました。また、平成17年7月、これも国民に広く読書を勧めることを目的にした「文字・活字文化振興法」が施行されました。
 京都府においても、子どもの読書活動の総合的かつ計画的な推進を図るため、平成16年3月「京都府子どもの読書活動推進計画」が策定されました。
 京丹後市は、平成16年4月、6町が合併し4年が経過しました。その間、学校・各地域・図書館等関係機関においては子どもと本を繋ぐ取組が進められているところです。将来を担う子どもたちが、今後もさらに本に親しみ、生涯にわたる読書習慣を身に付けることができるよう、子どもの読書活動を総合的かつ計画的に推進するため、本計画を策定するものです。

リスト京丹後市子どもの読書活動推進計画 一括ダウンロード(PDF:150KB)

リスト京丹後市子どもの読書活動推進計画の内容

表紙・目次・はじめに 表紙・目次・1~2ページ

第1章 子どもの読書活動の基本的な方針

 1.基本的な考え方

 2.計画の期間

3ページ

第2章 具体的な推進方策

 1.家庭における読書活動の推進

 2.学校等における子どもの読書活動の推進

 3.地域社会における読書活動の推進

 4.効果的な読書活動の推進

3~11ページ
子どもの読書活動を推進するための取組 12ページ

用語の説明

13ページ



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ先

部署名:教育委員会事務局社会教育課 

電話:0772-69-0630

ファックス:0772-68-9061

Eメール:shakaikyoiku@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る