ホーム > 市政情報 > 市政・情報公開 > 市の計画・施策 > 第2次京丹後市障害者計画及び第3期京丹後市障害福祉計画

ここから本文です。

更新日:2008年8月11日

第2次京丹後市障害者計画及び第3期京丹後市障害福祉計画

~共に生きる障害者福祉の充実に向けて~

   第2次京丹後市障害者計画及び第3期京丹後市障害福祉計画を策定しました。

計画策定の趣旨

車椅子のイラスト    本市では、平成18年度に平成23年度までを計画期間とする「京丹後市障害者計画」を策定し、平成18年度から開始された新たな障害福祉サービスである、自立支援給付への対応を図るとともに、障害のある人もない人も、お互いの個性を認め合い尊重し、同じ地域の一員として共に生きる「共生社会」の実現をめざして、様々な施策を推進してきました。この間、平成20年度には、障害者自立支援法に基づく「第2期京丹後市障害福祉計画」を策定し、障害福祉サービスの一層の充実に取り組んできました。
    しかし近年、社会情勢のめまぐるしい変化や保健・医療技術の進歩等を背景に、障害者施策を取り巻く状況は大きな変化をみせています。国では、平成17年4月に「発達障害者支援法」が施行され、これまでグレーゾーンとされてきた発達障害者への総合的な支援の流れが明確化されました。また、平成18年4月には「障害者の雇用の促進等に関する法律」が改正され(平成21年4月にも一部改正)、障害のある人の就労・雇用対策の強化が図られました。さらに平成19年4月、「学校教育法」の中に特別支援教育が位置づけられ、すべての学校において、障害のある幼児・児童・生徒の支援を充実させることとなりました。
    一方、平成18年10月に全面施行された「障害者自立支援法」によって、これまで身体障害、知的障害、精神障害ごとに分かれていた各種サービスが一元化されるとともに、就労移行支援事業などが創設され、就労支援の抜本的強化が図られました。しかし、利用者負担については、支援費制度の応能負担から、サービスの利用量に応じ定率1割の利用者負担を求める応益負担へと変更されたことにより、全国的な議論が起こりました。その結果、「障害者自立支援法」は平成25年8月までに廃止することが決定され、代わりに新たな法律として、「障害者総合福祉法」(仮称)の制定などが予定されています。
    また、平成22年12月には、「障害者総合福祉法」(仮称)制定までのつなぎ法案として「障害者自立支援法」が改正され、応能負担への変更や発達障害も障害者自立支援法の対象となることが明確化されるなどの改正が行われました。さらに、わが国が署名をしている「障害者の権利に関する条約」については、条約批准に向けた国内法を整備するため、平成22年1月に「障がい者制度改革推進会議」が設置され、平成23年6月に「障害者虐待防止法」、同年7月に「障害者基本法の一部を改正する法律案」が成立し、現在、「障害者総合福祉法」(仮称)の制定、障害者差別禁止法の制定に向けた検討が進められています。
    このような状況に対応するため、本市における障害者施策の基本指針として総合的な視点から施策の体系化を図るとともに、障害者福祉の充実に向け、各種施策の方向性を明らかにした新たな計画として「第2次京丹後市障害者計画及び第3期京丹後市障害福祉計画」を策定するものです。


計画の位置づけ

    この計画は、障害者基本法第11条第3項に基づく市町村障害者計画と、障害者自立支援法第88条第1項に基づく市町村障害福祉計画を一体的に策定したものであり、本市における障害者施策全般に関する基本計画として位置づけられるものです。このため、国の「障害者基本計画」及び京都府の「京都府障害者基本計画  後期重点計画」を踏まえたものとします。
    また、この計画は「第1次京丹後市総合計画・後期基本計画」に即したものとするほか、本市の関連計画である「第2次京丹後市地域福祉計画」「第5期京丹後市高齢者保健福祉計画」「京丹後市次世代育成支援対策行動計画後期計画」「京丹後市健康増進計画」等の各種計画との整合性を持ったものとします。


計画の期間

    この計画の期間は、平成24年度から平成29年度までの6年間とします。
    ただし、障害者自立支援法に基づく自立支援給付、地域生活支援事業等の各種福祉サービスについては、平成26年度までの目標値を設定することとされているため、この計画の障害福祉計画部分については、平成24年度から平成26年度までの3年間を計画期間とします。
    また、計画については、今後、国の動向に伴い計画の根幹となる法律や制度などについて大幅な変更が生じた場合、適宜、見直しを行うものとします。


リスト第2次京丹後市障害者計画一括ダウンロード(PDF:1,142KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ先

部署名:健康長寿福祉部障害者福祉課 

電話:0772-69-0320

ファックス:0772-62-1156

Eメール:shogaishafukushi@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る