特別定額給付金【新型コロナウイルス感染症緊急支援】

特別定額給付金の給付について

特別定額給付金の申請は8月17日必着です。

 令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金の事業が実施されることになりました。

総務省「特別定額給付金ポータルサイト」(総務省の特設ページへリンクしています)

・給付対象者
 基準日(令和2年4月27日)において、京丹後市の住民基本台帳に記録されている方
・給付額
 給付対象者1人につき10万円
・受給権者
 京丹後市の住民基本台帳に記録されている方の属する世帯の世帯主
 (注意)申請者本人名義の金融機関口座への振込みとなります。
・申請方法
 下記のいずれかの申請方法により、8月17日(月曜日)までに申請してください。
 郵送の場合は、8月17日(月曜日)必着です。

申請について

感染拡大防止のため、申請書を窓口に直接お持ちになるのはお控えください。

申請書が届かない場合

申請書の再発送

 特別定額給付金の申請書を発送しましたが、あて所不明により郵便局から返還された申請書があります。
 返還された申請書は市民課で保管していますので、申請書が届かない方で、お心当たりのある方は市民課までお問い合わせください。

 申請書が届かない事例
・住民登録に関する届出(転出届、転入届、転居届など)をせずに引っ越しをした
・郵便局に転居届を提出していない、または転居届の有効期限が切れた
・受取人の長期不在

申請書の再交付

 申請書を紛失したり、破損したりして申請ができない場合は市民課へお問い合わせください。
 住民票に記載のある住所以外にお住まいの方で、現在の居住地に申請書の送付を希望される場合も、市民課へお問い合わせください。

1.郵送による申請

郵送申請の手順

京丹後市「郵送での申請方法」(PDF:1.4MB)
郵送での申請方法

(参考)総務省「特別定額給付金ポータルサイト」(総務省の特設ページへリンクしています)

1.市から、各世帯主宛に申請書類一式を5月15日(金曜日)に発送し、5月18日(月曜日)から受付を開始しています。「特別定額給付金関係書類在中」と印字された白色の封筒で、中には3つの書類が入っています。
・「給付金のご案内」(裏面:申請書の記載例)
・「特別定額給付金給付申請書」
・返信用封筒

2.申請書に記載されている1から5の注意事項をよく読んで申請してください。

3.記載例を参考に、世帯主(申請・受給者)の記名押印または署名、生年月日、現住所、日中に連絡の取れる電話番号を記載してください。

4.申請書に記載されている世帯構成等に誤りがないかご確認いただき、誤りがあれば朱書きで訂正してください。
(注意)申請書は基準日(4月27日)の住民基本台帳情報で自動的に作成されています。基準日の前後で転入・出生・世帯主変更等があった場合は、特にご注意ください。

5.特別定額給付金について、給付を「希望する」または「不要」のいずれかのチェック欄に「レ」を付けてください。どちらにもチェックがない場合は、「希望する」として扱います。

6.受け取り方法について、金融機関の口座情報を記入してください。
(注意)口座番号や口座名義に誤りがあると、給付が遅れたり、給付できない場合があります。通帳等を確認してください。
(注意)口座名義は、申請者(世帯主または代理人)の名前と同じでなければなりません。

申請書の裏面に続きます。

7.世帯主(申請・受給者)の本人確認書類の写しや金融機関口座確認書類を貼り付けてください。
(注意)本人確認書類や口座確認書類の付け忘れが多発しています。
(注意)個人番号通知カードは本人確認書類にはなりません。

8.チェックリストを利用し、記入内容、添付資料に誤りがないか確認してください。

9.確認して誤りがなければ、返信用封筒に封入し、切手を貼らずに投函してください。

2.マイナンバーカードを使った申請

 世帯主が、署名用電子証明書のついたマイナンバーカードを持っていて、カードの読み取りができるスマートフォンや、パソコンとICカードリーダをお持ちの場合、5月5日(火曜日)からオンラインで申請することができます。
 具体的な手順は、下記総務省の特設ページや動画で分かりやすくまとめられていますので、そちらをご確認ください。
 なお、 この手続きをご利用された場合でも、別途市から申請書が送られている可能性がありますが、給付は1回限りとなります。あらかじめご了承ください。

・総務省「オンラインで申請する」(総務省の特設ページへリンクしています)
・総務省「マイナポータル」(総務省の特設ページへリンクしています)
・内閣官房・内閣府公式YouTubeチャンネル「【スマホ篇】これでわかる!特別定額給付金のオンライン申請の手順」(YouTubeへリンクしています)
・内閣官房・内閣府公式YouTubeチャンネル「【PC篇】これでわかる!特別定額給付金のオンライン申請の手順」(YouTubeへリンクしています)

申請内容に不備があった場合

 添付書類が不足している場合などには、再提出や添付書類の追加をお願いする手紙を送付しています。
 早くから申請していただいているにもかかわらず、添付書類の不足などにより振込みができない方がいらっしゃいますので、お心当たりのある方は市民課までお問い合わせください。

振込みについて

 申請内容に誤りがなければ、申請受付後、10日程度で申請者名義の口座へ世帯分をまとめて振り込みます。
 振込み後に、世帯主宛に送付する「支払通知書」により、給付額等をお知らせします。
 支給の設定がされない場合には、世帯主宛に送付する「不支給通知書」により、不支給となった方のお名前や、不支給の理由についてお知らせします。
(注意)振込みに関して、市の職員が電話やメールで暗証番号を聞いたり、手数料を求めたりすることはありません。
(注意)各口座への振込みについて、個別の状況のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

配偶者からの暴力を理由に避難している方の申し出の手続きについて

 現在お住まいの市区町村の特別定額給付金担当窓口へ「申出書」を提出してください。

(注意)「申出書」は、配偶者からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。

 詳細については、下記のチラシや上記総務省のホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

 特別定額給付金に関するお問い合わせは、総務省が専用のコールセンターやホームページを設置しておりますので、下記へご連絡いただきますようお願いいたします。

・コールセンター
連絡先:0120-260020(フリーダイヤル)
応対時間:午前9時00分から午後6時30分まで

・ホームページ
総務省「特別定額給付金ポータルサイト」(総務省の特設ホームページへリンクしています)

・よくあるご質問
総務省「よくあるご質問」(総務省の特設ホームページへリンクしています)
京丹後市「特別定額給付金に係るQ&A」(PDF:478.7KB)
 

特殊詐欺に注意してください

 「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください。
 市区町村や総務省などが以下を行うことは絶対にありません
・現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること
・受給にあたり、手数料の振込みを求めること
・メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること
 ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった不審な電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。
総務省「給付金のサギに注意!!」(総務省の特設ページへリンクしています)

この記事に関するお問い合わせ先

市民環境部 市民課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0210 ファックス:0772-62-6716
お問い合わせフォーム

更新日:2020年08月07日