現在のページ

第2期京丹後市子ども・子育て支援事業計画

計画策定の趣旨

京丹後市子ども・子育て支援事業計画(以下「事業計画」といいます。)は、平成15年に制定された「次世代育成支援対策推進法」及び平成24年に制定された「子ども・子育て関連3法」に基づき、京丹後市子ども未来まちづくり審議会での議論を経て、平成27年3月に策定しました。策定にあたっては、子育て世帯に対してニーズ調査を実施し、これにより潜在的な需要も加味された量の見込みを算出したうえで、算出された需要量に対応するための確保量を定めました。

この間、就学前教育・保育では、京丹後市保育所再編等推進計画及び第2次京丹後市保育所再編等推進計画に基づき、保育所・幼稚園の一体化施設を幼保連携型認定こども園に移行し、保護者の就業状況に関係なく、就学前の教育・保育を総合的に提供できる環境を整えました。

また、家庭環境及び社会環境等の変化に伴い、保護者の就労形態が多様化する中、様々なニーズに対応した子育て支援事業や家庭教育事業を実施し、子どもたちの健全な育成と保護者の就労と子育ての両立を支援し、地域や家庭で安心して子育てができるよう充実を図っています。

今般、平成27年度から第1期を5年間とする計画の期間が終了したことから、再度ニーズ調査を実施し、量の見込みと確保方策の見直しを行い、第2期京丹後市子ども・子育て支援事業計画を策定することとしました。

なお、計画の策定にあたっては、子ども・子育て支援法第61条第7項に基づき、同法77条に規定する審議会である、京丹後市子ども未来まちづくり審議会に意見を聴く必要があることから、令和元年5月30日付で諮問し、同年10月9日付で答申を受けた内容を反映しました。

計画の位置づけ

本計画は、子ども・子育て支援法第61条に基づく市町村子ども・子育て支援事業計画として平成27年に策定しました、京丹後市子ども・子育て支援事業計画の内容を見直し策定するものであります。

また本計画は、上位計画である「第2次京丹後市総合計画」をはじめ、「京丹後市教育振興計画」や「第2次京丹後市保育所再編等推進計画」等の関連計画との調和が保たれたものとします。

計画の期間

本計画の期間は平成27年に策定しました事業計画の終期が令和元年度(2019年度)であることから、令和2年度を始期とする令和6年度までの5年間とします。

第2期京丹後市子ども・子育て支援事業計画の内容

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 子ども未来課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0340 ファックス:0772-64-5000
お問い合わせフォーム

更新日:2020年07月02日