ホーム > くらしのガイド > 健康・子育て > 成老人の健康づくり(健康応援団) > こころの健康づくり > 自殺予防

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

自殺予防対策いま私たちにできること

ひとりで悩まずにご相談ください

はじめに

対策・協議会

相談窓口

こころといのち こころといのち
こころといのち こころといのち

 

 いま、大切なひとが、自ら亡くなっています

図1大切な人が健康問題や多重債務などを要因として自ら命を絶っています。
「相談してもどうにもならない」「借金があるなんて誰にも言えない」など、一人で抱え込んではいませんか?
「自ら命を落とさないで欲しい!!」
あなたの少しの勇気に、私たちはお応えします。

自殺のサイン 自殺した多くのかたは、最後の行動を起こす前に自殺の意図を誰かに打ち明けています。
自殺をほのめかしたり、はっきりと口にした場合は、自殺の危険が高くなります。

京丹後市では、「自殺のないまち」「誰もが安心して暮らせるまち」を目指し、16の団体からなる「自殺ゼロ実現推進協議会」を設立しました。
幅広い分野の機関をつなぐことで、相談や対応をする側の知識や経験を補いあうことができます。

ページの先頭へ戻る

 大切な命を守るために


自殺は個人の心の弱さが引き起こすのではなく、さまざまな要因が複雑に絡みあい、誰にも相談できないまま追いこまれた末に起こります。
一人でも多くの人の大切な命を守るため、身近な人が悩んでいることに気付いたら、じっくり話を聞き、心配している気持ちを伝えて、専門機関への相談や病院への受診をすすめてください。

あなたの身近な人は当てはまっていませんか?
最近の2週間、そばで見ていて当てはまると思うものにチェックしてください。

こころの体温計家族チェック項目

朝、辛そうだ

からだがだるそうだ

TVを見てもつまらなそうだ、笑わない

頭痛がすると言っている

食べる量が急に減った、または増えた

寝付きが悪そうだ

仕事・家事がしたくないと言っている

これまで好きだったことへの関心が薄くなったようだ

気分が落ち込み、ゆううつそうだ

3つ以上当てはまると、要注意です。

自殺予防デー・自殺予防週間について

9月10日は、世界保健機関が定めた「世界自殺予防デー」です。その日に因んで、9月10日から16日までは「自殺予防週間」としています。
この機会にあなたの身近な人に小さな変化がないか気を配ってみてください。
その気付きが自殺のない、笑顔で暮らせるまちづくりにつながります

自殺対策強化月間について

自殺対策基本法では、3月を「自殺対策強化月間」と定めています。
自殺は、個人のこころの弱さがひきおこすものではなく、健康、経済、生活問題等の様々な要因が複雑に関係し、心理的に追い込まれた末の死です。
誰しもが、自殺に追い込まれる可能性があります。
うつ病や自殺などに対して正しくご理解いただくとともに、身近な地域の中で悩んでいる人に「気づき、声をかけ、話を聴き、専門機関につなぎ、地域で見守る」ことが大切です。
自殺対策強化月間には、自殺予防についての啓発と相談窓口の周知を図るため街頭啓発を行うとともに、市立峰山図書館およびあみの図書館では、「特設コーナー」を開設し、
「生きることが励まされる、気持ちを支えてくれる」本や相談窓口一覧を掲載したパンフレットを配架していますので、お気軽にお立ち寄りください。
また、市民の皆さまがたのこころと体の健康にご留意いただきますよう、お願いいたします。

市町相談窓口

心の健康に関する相談をお受けしています。

  • 京丹後市役所健康長寿福祉部健康推進課
    (電話)0772-69-0350
  • 京都府丹後保健所福祉室
    (電話)0772-62-4302

ページの先頭へ戻る

 相談窓口一覧

あなたは一人ではありません。たくさんの人が、あなたを支えるために待っています。

健康の悩み
こころや身体に不調がある人はいませんか。  

健康・精神保健に関する悩みをご相談ください
list_1健康推進課[福祉事務所]
0772-69-0350(月曜日~金曜日8時30分~17時15分)
list_1京都府丹後保健所福祉室
0772-62-4302(月曜日~金曜日8時30分~17時00分)
list_1京都府精神保健福祉総合センター(こころの相談電話)
0120-689-874(月曜日~金曜日9時00分~12時00分、13時00分~16時00分)


お金の悩み
お金のトラブルを抱えている人はいませんか   債務問題に関する悩みをご相談ください
list_1多重債務相談・支援室[寄り添い支援総合サポートセンター内]
0120-125-294(月曜日~金曜日9時00分~17時00分)

架空請求・消費生活の悩みをご相談ください
list_1商工振興課[網野庁舎]
0772-69-0440(月曜日~金曜日8時30分~17時15分)
list_1京都府消費生活安全センター
075-671-0144(月曜日~金曜日9時00分~17時00分)

家庭の悩み
家庭関係に深刻な問題がある人はいませんか  

女性の悩みについてご相談ください
list_1市民協働課人権・女性政策・相談係

0772-69-0210(月曜日~金曜日8時30分~17時15分)
list_1女性相談
0772-69-0210(要予約・月2回13時30分~16時30分)

児童虐待の悩み・子育ての悩みをご相談ください
list_1子ども未来課[大宮庁舎](家庭児童相談室)
0772-69-0340(月曜日~金曜日8時30分~17時15分)


職場の悩み
仕事や職場で悩んでいる人はいませんか   人権・生活・苦情など悩み全般についてご相談ください
list_1「くらし」と「しごと」の寄り添い支援センター
0120-125-294(月曜日~金曜日9時00分~17時00分)
list_1京都地方法務局京丹後支局
0772-62-0365(月曜日~金曜日8時30分~17時15分)
list_1丹後労働基準監督署
0772-62-1214(月曜日~金曜日8時30分~17時15分)

学校の悩み
いじめや不登校、引きこもりで悩んでいる人はいませんか   学校・子どもの人権問題の悩みをご相談ください
list_1教育委員会学校教育課[大宮庁舎]
0772-69-0620(月曜日~金曜日8時30分~17時15分)
list_1京都府丹後保健所福祉室・保健室
0772-62-4302・4312(月曜日~金曜日8時30分~17時00分)

年末年始(12月29日から1月3日)は相談業務を休業している場合がありますのでご注意ください。

ページの先頭へ戻る

 「多重債務相談・支援室」を開設しています

多重債務の苦しみから、一刻も早く抜け出て、元気になってもらうために「多重債務相談・支援室」を開設しています。
「相談・支援室」では、市の専任職員が弁護士や司法書士などの専門家と連携し、債務問題の解決に向けたお手伝いをしています。
「相談してよかった」と言ってもらえる「相談・支援室」となるよう頑張っています。多重債務でお困りの方は、お気軽に、なるべく早くご相談ください。

多重債務相談・支援室相談窓口

場所 寄り添い支援総合サポートセンター内(峰山町杉谷)
時間 9時00分~17時00分
開設日 月曜日~金曜日(祝日および閉庁日は除きます)
直通電話 0120-125-294
相談方法 直接来室いただくか、電話でも構いません。

相談は無料です。また、秘密は厳守します。
緊急のご相談は、携帯電話(090-5120-9356)へご連絡ください。

ページの先頭へ戻る

 自殺予防「いのちの電話」

一人で悩まないで、心の苦しみを、お話しください。あなたがつらいとき、近くにいます。

「あなたがつらいとき、近くにいます」京丹後市自殺予防「いのち」フリーアクセス電話0120-689-107    

 

毎月10日に開設するフリーダイヤル通話です。「誰にもわかってもらえない…」、「どうすることもできない…」そんな孤独と絶望の中で悩み苦しんでいる人々の声に耳を傾け、受け止めることで、少しでも和らぎ、希望と勇気をもって生きていかれることを願い開設された「フリーダイヤル『自殺予防いのちの電話』」。全国「いのちの電話」センターをネットワークとして通話料無料の電話相談を行っています。

京丹後市自殺予防フリーアクセス『いのち』(365日・24時間・通話料無料)

0120-689-107(いのち)

京都いのちの電話(24時間、隣にいます)

075-864-4343

自殺予防いのちの電話(毎月10日8時00分~翌日8時00分)

0120-783-556(こころ)

ページの先頭へ戻る

 相談窓口「こころの相談電話」(京都府精神保健福祉総合センター)
あなたの心の悩みご相談ください(新規)

京丹後市自殺予防フリーアクセス電話0120-689-874

京丹後市内の固定電話や携帯電話からフリーアクセス番号へお掛けいただくことで、通話料無料(通話料は市が負担)でご利用いただけます。
専門の相談員に匿名でご相談いただけるとともに、秘密は厳守します。お気軽にご相談ください。

電話番号

0120-689-874(はなし)(フリーアクセス番号・通話料無料です)
075-645-5155(通話料金が掛かります)

時間

月曜日~金曜日、9時00分~12時00分・13時00分~16時00分

ページの先頭へ戻る

 相談窓口社会福祉法人「京都いのちの電話」

電話番号

0120-689-107(いのち)(フリーアクセス番号・通話料無料です)
075-864-4343(通話料金が掛かります)

時間

365日・24時間このフリーアクセスは「京都府」と「社会福祉法人京都いのちの電話」の協力を得て設置しました。
(注意)IP電話対応機器の機能によっては、フリーアクセス番号へ接続できない場合があります。

ページの先頭へ戻る

 自殺のひとつの大きな要因である「うつ」の予防を図る紙芝居『こころの風邪』を作成

自殺予防対策の一環として、自殺のひとつの大きな要因と考えられます「うつ」の予防対策として、紙芝居『こころの風邪』を新たに作成し、「出前講座」のメニューのひとつに組み入れました。
この紙芝居では、「うつ」になってしまった高齢者の方のお話を通じて、その周りにいる人々の接し方や地域の民生委員、市の保健師などとの関わり、専門医の診断とその後の高齢者の方の回復を物語風に仕上げ、「うつ」は特別な病気でも治らない病気でもなく、きちんと薬を飲んで心と体を十分に休ませてあげることで、ゆっくりと良くなっていくものであるということを紙芝居を通じて多くの人に知っていただきます。

紙芝居は、12枚(1枚:約80cm×55cm)で構成し、約20分の物語となっており、市の保健師が約1か月間をかけ、手づくりで制作したものです。


 

ページの先頭へ戻る 

ページの先頭へ戻る

 自殺予防対策について

ページの先頭へ戻る

 京丹後市自殺ゼロ実現推進協議会

京丹後市では、「自殺のないまち」「誰もが安心して暮らせるまち」を目指し、16の団体からなる「自殺ゼロ実現推進協議会」を設立しています。

構成団体

  • 丹後労働基準監督署
  • 京都地方法務局京丹後支局
  • 京都府丹後保健所
  • 京都府京丹後警察署
  • 京丹後市老人クラブ連合会
  • 京丹後市連合婦人会
  • 京丹後法律事務所
  • 京丹後市商工会
  • 京都司法書士会京丹後支部
  • 京丹後市
  • 京丹後市教育委員会
  • 京丹後市消防本部
  • 北丹医師会
  • 京丹後市民生児童委員協議会
  • 京丹後人権擁護委員協議会
  • 社会福祉法人京丹後市社会福祉協議会
  • (参与)社会福祉法人京都いのちの電話

 

京丹後市自殺のないまちづくり行動計画を策定

京丹後市自殺ゼロ実現推進協議会では、平成26年度から平成30年度までの5か年を計画期間とする「京丹後市自殺のないまちづくり行動計画」を策定しました。
計画では、「誰一人置き去りにしない、いのちが一番大切にされる、生き心地の良い『いのちを護る』まちづくり」を基本理念としました。
「市民」、「家庭」、「地域」、「学校」、「職場」、「医療・保健」、「関係機関・団体等」、「行政」が互いに手をつなぎ、『包括的な生きる支援』に焦点を当て、総合的に取り組むことにより、『自殺者をゼロにする』という真剣で具体的な目標について、できるだけ早期に実現できるよう自殺対策の推進に努めます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ先

部署名:健康長寿福祉部健康推進課 

電話:0772-69-0350

ファックス:0772-62-1156

Eメール:kenkosuishin@city.kyotango.lg.jp

ページの先頭へ戻る