不妊治療費等助成金交付制度

不妊治療費の助成制度は2種類あります。

令和3年度から、特定不妊治療について助成金額などが拡充されています。

京丹後市と京都府の助成制度の対照表

 

一般不妊・不育治療の助成

【京丹後市制度】

特定不妊治療の助成

【京都府制度】

  京丹後市不妊治療等助成金交付事業

特定不妊治療費助成事業

★最新の情報は、京都府ホームページをご覧ください。

不妊に悩む方への医療費助成のご案内(PDFファイル:1.8MB)

(令和2年12月31日までに治療を終了した方へ)

助成制度の拡充内容について

(令和3年1月1日以降に治療を終了した方へ)

申請期限についての重要なお知らせ

治療終了年度内

(3月末までに申請が間に合わない場合は、予め保健所に連絡して相談してください。)

要件拡大について

新型コロナウイルス感染拡大による変更点(PDFファイル:2.2MB)

新型コロナウイルス感染拡大のため、令和2年度に限り要件を変更しています。

対象者 府内に1年以上居住し、かつ京丹後市内に住所を有する夫婦(事実婚を含む。ただし、人工授精にかかる助成を申請する場合は、法律上の夫婦に限る) 夫婦の両者またはいずれかが、府内に住所を有する夫婦(京都市を除く)で、特定不妊治療によらなければ妊娠の見込みがないか、極めて少ないと医師に診断された方(事実婚を含む)
治療対象

一般不妊

 ・医療保険適用の治療

 ・人工授精

不育症

 ・ヘパリン注射

 ・不育症の原因検査

・特定不妊治療(体外受精・顕微授精)

 ただし、卵子採取に至らない場合は対象外

・男性不妊治療(特定不妊治療の過程で行ったもの)

 ・精巣内精子生検採取法(TESE)

 ・精巣上体内精子吸引法(MESA)

助成金額

治療に要した金額の1/2の額

一般不妊:1年度につき

・医療保険適用の治療 6万円まで

・人工授精を含む治療 10万円まで

不育症:1回の妊娠につき10万円

・体外受精・顕微授精に要する自己負担額のうち

「A」「B」「D」「E」は、6回目まで30万円、7~10回まで15万円、

「C」「F」は、6回目まで10万円、7~10回まで7万5千円、

詳細については京都府ホームページをご覧ください。

・男性不妊治療(TESE・MESA)は、6回目まで30万円、7~10回まで20万円、

助成年齢・回数等 制限なし

・体外受精・顕微授精

妻の年齢:43歳未満(治療期間の初日における)

年間助成回数:限度無

助成回数:1子につき10回

・男性不妊治療

治療開始時の妻の年齢が43歳未満。夫の年齢制限なし

所得制限 なし

なし

交通費の助成 なし

1)府の助成

1クールの治療にかかった通院交通費の合計金額が1万円を超えた金額の1/2の額

→特定不妊治療にかかる通院交通費助成のご案内(京都府ホームページ

2)市の助成

1クールの治療にかかった通院交通費を上限1万円として助成

(府の通院交通費助成の決定を受けた方)

 

医療機関 指定なし(府外の医療機関を含む)

・京都府が指定した医療機関:

京都府立医科大学医学部附属病院、京都大学医学部付属病院、足立病院、田村秀子婦人科医院、醍醐渡辺クリニック、IDAクリニック、身原病院、京都IVEクリニック、

・都道府県、指定都市、中核市の長の指定を受けた医療機関も対象: 厚生労働省のホームページに掲載

提出書類

不妊治療等助成金交付申請書(PDF:144.5KB)

不妊治療等助成金交付申請書(記載例)(PDF:139.6KB)

一般不妊治療医療機関等証明書(PDFファイル:104.9KB)

不妊治療医療機関等証明書(PDFファイル:101.8KB)

委任状(PDF:103.9KB)(代理人申請の場合)

*事実婚関係にある場合は、「事実婚関係に関する申立書」の申請が必要になります。

提出書類のダウンロードについては京都府のホームページからお願いします。

⇒京都府ホームページ

1.特定不妊治療費助成事業申請書

(太枠内への記載と押印確認、振込先は申請者の口座)

2.特定不妊治療費助成制度事業受診等証明書(原本)

3.医療費の領収書の原本

4.前住所が記載された、続柄の記載のある世帯全員の住民票

5.戸籍謄本(コピー不可、発行後3ヶ月以内のもの、事実婚関係にある場合は毎回必要)

6.夫婦それぞれの課税証明書(R3.4.1以降に治療を開始した場合は不要)

7事実婚関係に関する申立書(事実婚関係にある場合は毎回必要)

*同時に複数回分を申請する場合、住民票、戸籍謄本は各1通でよい。

申請先 京丹後市各市民局または健康推進課

京都府丹後保健所、

京丹後市各市民局または健康推進課

問い合わせ先

京丹後市健康推進課

電話:0772-69-0350

京都府丹後保健所保健室

電話:0772-62-4312

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 健康推進課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0350 ファックス:0772-62-1156
お問い合わせフォーム

更新日:2021年06月14日