不妊治療等助成金制度

「不妊治療等助成金制度」(京丹後市)

京丹後市では、不妊症・不育症の治療を受けている方の負担軽減を目的として、不妊症・不育症治療に要する経費の一部を助成しています。

申請時に、個人番号(マイナンバー)の提出と身元確認が必要です。申請時の持ち物の詳細は以下の「市ホームページ社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)」をご覧ください。また、代理人が届出する場合は委任状が必要になります。「委任状(PDF:103.9KB)」をダウンロードし、申請者が事前に署名したものを、申請書と一緒に提出して下さい。

対象者

府内に1年以上居住し、かつ京丹後市に住所を有する夫婦(事実婚を含みます)。
ただし、人工授精による治療の申請をする場合は、法律上の夫婦に限ります。

対象治療

一般不妊

医療保険適用の治療、人工授精

不育症

ヘパリン注射、不育症の原因検査

助成金額

医療費自己負担の2分の1(助成限度額は次のとおりです)

一般不妊

1年度につき、医療保険適用の治療のみの申請は6万円、人工授精による治療を含む申請は10万円

不育症

1回の妊娠につき10万円

申請期限

診療(治療)を受けた日の翌日から1年以内

提出書類

申請先

お近くの市民局または健康推進課(福祉事務所)へ申請してください。申請書は市のホームページの以下の「申請書ダウンロード」コーナーにも掲載しています。

プライバシー保護については配慮しています。

お問い合わせ先

健康長寿福祉部 健康推進課(電話番号)69-0350

「特定不妊治療費助成制度」(京都府)

京都府では、体外受精および顕微授精を受けられたご夫婦の経済的負担の軽減を図るため、その治療に掛かった費用の一部を助成する事業を実施しています。

京都府の制度概要

京都府の制度概要の詳細
項目 内容
対象者 夫婦の両者またはいずれかが、府内に住所を有する戸籍上の夫婦(京都市内の方は京都市が助成します)で、特定不妊治療によらなければ妊娠の見込みがないか、極めて少ないと医師に診断された方。
お子さんの有無は問いません
対象治療
  • 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
    ※ただし、卵子採取に至らない場合は対象外となります
  • 男性不妊治療(精巣内精子生研採取法・精巣上体内精子吸引法)
保険適用の有無
助成限度額 体外受精・顕微授精に要する自己負担額
1回の治療につき、「A」「B」「D」「E」は15万円まで、「C」「F」は7万5千円まで
※初回の助成は15万円上乗せ
助成回数

体外受精・顕微授精

妻の年齢:43歳未満、助成回数:年間制限なし。ただし通算10回まで。

男性不妊治療

治療開始時の妻の年齢が43歳未満。夫の年齢制限なし。

所得制限

体外受精・顕微授精

夫婦の所得の合計が730万円未満
※所得額の計算方法は児童手当法施行令を準用

男性不妊治療

所得制限なし

医療機関 京都府が指定した医療機関
申請期限 原則、治療が終了した日の属する年度内
※治療終了後はなるべく早く申請してください。
提出書類
  • 特定不妊治療費助成事業申請書
  • 特定不妊治療費助成事業受診等証明書
  • 医療機関発行の医療費の領収書(原本)
  • 住民票の写し(コピー不可・発行後3ヶ月以内のもの)
  • 戸籍謄本
  • 夫および妻の所得額を証明する書類(課税証明書など)
問い合わせ窓口 京都府丹後保健所保健室(62-4312)
申請先 京都府丹後保健所、京丹後市各市民局または健康推進課
*プライバシー保護については配慮しています

※平成25年4月1日以降の申請について、治療内容によって限度額が変わります。

治療内容

  • 「A」新鮮胚移植を実施
  • 「B」凍結胚移植を実施
  • 「C」以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
  • 「D」体調不良などにより移植のめどが立たず治療終了
  • 「E」受精できず、または、胚の分割停止、変性、多精子受精などの異常受精などにより中止
  • 「F」採卵したが卵が得られない、または状態の良い卵が得られないため中止
  • 「G」卵胞が発育しない、または排卵終了のため中止
  • 「H」採卵準備中、体調不良などにより治療中止

相談窓口

妊娠・出産・不妊等に関する相談窓口「きょうと子育てピアサポートセンター」
電話番号:075-692-3449

受付

毎週月曜日~金曜日(祝日および年末年始を除く。)(1)9時15分~13時15分(2)14時~16時

相談内容

「思いがけない妊娠で悩んでいる…」、「子どもが欲しいけれど、今何ができる?」、「不妊治療ってどんなことするの?かかるお金は?」、「高齢妊娠で身体のことが心配」など、どんなことでも相談員が疑問や不安に寄り添い対応します。

詳しくは「きょうと子育てピアサポートセンター」を、ご参照ください。

お問い合わせ先

  • 京都府丹後保健所(電話番号)62-4312
  • 京丹後市役所 健康福祉部 健康推進課(電話番号)69-0350
この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 健康推進課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0350 ファックス:0772-62-1156
メールでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年06月16日