定住・空き家情報

京丹後暮らししてみませんか!!

京丹後市に移住・定住するための情報をお知らせします。

移住・定住相談窓口

京丹後市での生活や地域の紹介など、ご相談ください。

京丹後市移住支援センター「丹後暮らし探求舎」
〒629-3104 京都府京丹後市網野町浅茂川1846-1
電話番号:0772-66-3940 メール:info@kyotango-iju.com

定住空家情報バンク

移住・定住により空家をお探しのかたは、「京丹後市定住空家情報バンク」をぜひご利用ください。

移住促進・空家改修支援事業補助金の申請を検討されるかたは、必ず契約前に市役所政策企画課(電話0772-69-0120)にご相談ください。

空家情報バンクホームページ(外部リンク)

峰山町長岡分譲宅地のお知らせ

峰山町長岡地内に1区画の宅地分譲を行っております。

宅地の近くには、小学校、ショッピングセンターなど生活関連施設がそろっており、非常に便利な地域です。また、宅地周辺は、山々に囲まれた自然豊かな場所でもあります。

家屋を建築するための土地をお探しのかたは、お気軽に都市計画・建築住宅課(電話番号:0772-69-0530)までお問い合わせください。

動画

移住者プロモーション動画

移住者たちの24時間

移住プロモーション動画

移住プロモーション動画<夏>

移住プロモーション動画

移住プロモーション動画<冬>

京丹後市へのアクセス

知って得する公共交通を利用した京丹後市へのアクセスバナー

関係機関へのリンク

Q&A

京丹後市に関するよくある質問をQ&A形式でご紹介します。

位置について

環境について

公共交通について

子育てについて

仕事について

自然について

住居について

食事について

手続きについて

農業について

病院について

その他

位置について

A. 京丹後市も広いので、一概には言えませんが、車でも列車でも2時間~3時間です。

A. 京都府北部の日本海を臨む丹後半島に位置しています。

環境について

A. 市では、第1次総合計画の中で「暮らしの中でいのちが輝く環境循環都市」を基本方針の一つに掲げ、様々な環境施策に取り組んでいます。

これらの取り組みが評価され、平成18年度には『循環・共生・参加まちづくり表彰』で環境大臣賞を受賞することができました。

詳しい取り組み内容については、下記の環境循環都市「京丹後」をご覧ください。

公共交通について

A. 市内の主要な公共交通には丹海バス、市営バス及び京都丹後鉄道があります。

市内全域のバス料金を上限200円にしたり、病院や公共施設、観光スポットに停留所を設けたりするなど、地域のニーズに応じた施策に取り組んでいます。

詳しくは、政策企画課(電話番号 0772-69-0120)へ気軽にお問い合わせください。

子育てについて

A. 市立保育所12園、市立幼稚園6園、小学校19校、中学校6校があります。

詳しくは子ども未来課(電話番号 0772-69-0340)及び学校教育課(電話番号 0772-69-0620)へ気軽にお問い合わせください。

仕事について

A. 都市部に比べると求人は多くありません。詳しくは、ハローワークなどで検索することができますが、面接等の申し込みをする場合は、ハローワークへの登録が必要になります。

自然について

A. 海岸部では、鳴き砂で有名な琴引浜(天然記念物・名勝) 、経ヶ岬から丹後松島、屏風岩、立岩などの絶景が広がる丹後町の海岸線、夕日ヶ浦の夕日、かぶと山展望台からの久美浜湾の絶景などが見どころです。

山間部では、北近畿最大級の内山ブナ林、高原リゾートで人気の碇高原やスイス村などがあります。

A. 京丹後市には16ヵ所の海水浴場があります。丹後の海は青く澄んでいて、とてもきれいです。

場所によっては、魚たちの泳ぐ姿も見ることができます。

A. 海に面している久美浜地域、網野地域、丹後地域では、内海、外海で「磯釣り」、「船釣り」、「砂浜での投げ釣り」、「いかだ釣り」などが楽しめます。

A. 京丹後市には海の見えるスキー場があります。その麓や山間部では真っ白な雪が積もり、銀世界が広がるため大変美しいですが、市内でも積雪量には差があり、ほとんど積もらないところもあります。

なお、生活道路では、除雪車が早朝から稼動します。

A. オリオン座(命を架けた恋)は北斗七星と並んで馴染みの深い星座ですが、京丹後市の冴え渡った夜空には無数の星が散りばめられ、オリオン座はもちろんいろんな星に出会えると思います。

A. 京丹後市では6月になると各地でホタルを見ることができます。

A. 海には四季折々の顔があります。厳しい冬・優しい春・のどかな夏・静かな秋など、色んな風に吹かれてください。

A. 京丹後市には、山陰海岸国立公園と丹後天橋立大江山国定公園があります。鳴き砂の琴引浜は天然記念物に指定されているビーチです。歩くとキュキュと砂が鳴ります。

また、6キロメートルもおよぶ遠浅のロングビーチや、リアス式海岸で形成された丹後松島など海岸線は色々な顔をもっており、訪れる人を飽きさせません。

さらに、山にはブナ林が育成するなど、自然の宝庫といえるでしょう。

住居について

A.

市営住宅は、公営住宅と定住促進住宅があります。

公営住宅には定住希望者用の専用あるいは優先の住宅はありません。

定住促進住宅は、「京丹後市丹後定住促進住宅 久僧団地」があります。この住宅は、京丹後市丹後町宇川地域の定住を促進するために建設された住宅です。戸数は4戸で、10年間継続して入居し、引き続き定住を希望される場合には、有償で譲渡させていただくことが可能です。空家が出た際に、公募による募集を行います。空家状況、入居条件、家賃等の詳細につきましては、都市計画・建築住宅課(電話:0772-69-0530)までお問い合わせください。

 

A. 京丹後市では、市役所が光ファイバ網を整備し、民間通信事業者に貸し出す方式によって、市内全域が超高速インターネットのサービス提供エリアになっています。

詳しくは、情報推進課(電話番号 0772-69-0130)へお問い合わせください。

A. 下水道を整備している地域とまだ出来ていない地域があります。

詳しくは、下水道整備課(電話番号 0772-69-0550)へ気軽にお問い合わせください。

A. 市内には、民間事業者が分譲を行っている宅地の他、市が行っている宅地分譲地があります。

市の宅地分譲地についての詳細は、都市計画・建築住宅課(電話番号 0772-69-0530)へ気軽にお問い合わせください。

A. 間取りや建築年数にもよりますが、月5万円~6万円台が一般的な値段です。

食事について

A. 丹後の美味しいものといえば、間人ガニが有名ですが、米・野菜・果物も大変美味しいです。

京丹後市には漁港が3ヵ所あり、とれたての魚は絶品です。また、丹後の名物といえば、鯖の「そぼろ」をのせたばら寿司(ちらし寿司のようなもの)が有名です。

A. 丹後は海も山もある半島です。山間地域では、蕎麦の栽培も盛んであり、蕎麦通の通う店も多く、また、栽培して打って食べるのも最高です。

A. 丹後の食材は、山の幸・海の幸、とても豊富で新鮮です。都市部から転居されて、嫌いだった刺身が好きになった方もいらっしゃると聞きます。

さらに、丹後産コシヒカリの食味値は、新潟魚沼産のコシヒカリと同等の評価である「特Aランク」に認定されたこともあり、とても美味しいと評判です。

代表的なものとしてバラ寿司があります。

バラ寿司の写真

手続きについて

A. 転入の際には様々な手続きが必要となります。お近くの市民局で手続きを行ってください。

農業について

A. 京丹後市では担い手育成を目的として、一定の要件を満たした新規就農者への支援を行っています。

詳しくは、農業振興課(電話番号 0772-69-0410)へ気軽にお問い合わせください。

A. 農地を購入するためには、農地法により市農業委員会長の許可を受ける必要があります。許可の要件として、農作業従事要件、耕作面積要件、通作距離要件などがあり、投資目的による購入はできません。

申請者によって条件は異なりますので、詳しくは、農業委員会(電話:0772-69-0040)にお問い合わせください。

A. 市民農園制度は、京都府丹後広域振興局において実施されています。市内に農園登録をされている畑を借りて、思い思いに野菜・花作りをしていただけます。また、農作業の終了後は、ぬくもりのある宿で新鮮な食材を味わって、ほっこりすることができます。

京丹後市では、農業に意欲を持って市外から入植し、地域に密着して就農することを希望される農業者の方の住宅を確保するため、京丹後市農家用貸付住宅を設置しています。

入居申込の方法など、詳しくは、農業振興課(電話番号 0772-69-0410)までお気軽にお問い合わせください。

病院について

A. 市立病院が2つ(弥栄病院、久美浜病院)あり、救急対応もしています。さらに、私立の総合病院が2つあり、診療科目も幅広く対応ができる病院体制となっています。また、地域ごとに診療所や個人の医院もあります。京丹後市では、「子ども医療費助成事業」として中学校卒業まで医療費の補助も行っています。

その他

A. 京丹後市には、国指定文化財が15件あります。特に網野銚子山古墳、神明山古墳、赤坂今井墳墓などの史跡や日本最古の青龍三年(235年)銘の銅鏡、古代の玉つくり工房跡である奈具岡遺跡の出土品など、考古学的に大変貴重な資料が多くあります。

また、琴引浜も国指定天然記念物および名勝に指定されているほか、仏像、寺院建物なども指定されています。現在、府・市指定文化財も合わせると、その数は約160件にのぼります。

京丹後市指定文化財については、京丹後市のホームページで紹介していますので、そちらをご覧ください。

A. 市内6つの地域公民館と各地区に設置した地区公民館を中心に、趣味・教養講座や体験活動事業などを行っているほか、グループによるサークル活動も活発に行われています。

また、市内に2つある総合型スポーツクラブや体育協会を中心に、スポーツ活動も盛んに行われています。

詳しくは、生涯学習課(電話番号 0772-69-0630)まで気軽にお問い合わせください。

A. 温泉めぐりが十分楽しめるのが京丹後市の魅力のひとつでもあります。水平線の広がる海を眺めながら、のどかな田園風景を見ながら、木立に囲まれながら・・・・様々な雰囲気が楽しめる温泉が沢山あります。

京丹後は泉源が37ヵ所有り、その数は京都府一を誇ります。

A. 生活費には、生活水準・生活状況も大きく影響すると思いますので、安いとは言えないかもしれませんが、野菜や魚貝類は新鮮なものが比較的安価で手に入ります。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 政策企画課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0120 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年10月29日