6月は「環境月間」です。アイドリング・ストップによるエコドライブを実践しましょう!

環境省「環境月間ポスター」

6月5日は環境の日です。これは、1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本法」が「環境の日」を定めています。
また、日本では、環境庁(現 環境省)の主唱により、平成3年度から6月の一ヶ月間を「環境月間」としています。

セーフティーエコドライブ

京都府地球温暖化対策条例では、自動車等を運転する方に対し、自動車等の使用に伴う温室効果ガスの排出抑制のため、アイドリング・ストップを義務づけています。
そのため、京丹後市では、地球温暖化防止の取り組みの一環として、環境月間である6月にアイドリング・ストップによるエコドライブの実践を呼びかけています。
なお、下記のような場合は、アイドリングを禁止していません。

  • 信号待ち、渋滞の場合、人が乗り降りする場合
  • 冷凍車や保冷車など冷蔵装置を動かすためにエンジンをかける場合
  • 運転手などの身体の健康を保つため必要な範囲内で車内の冷暖房を行う場合など 

地球と財布、そして人にやさしいエコドライブを実践しましょう!

エコドライブの実践は、燃料費の節約につながるだけでなく、CO2排出量を削減することで地球温暖化防止に貢献でき、穏やかな運転をすることで交通事故の減少にもつながります。

エコドライブ普及連絡会(警察庁・経済産業省・国土交通省・環境省で構成)では、以下の「エコドライブ10のすすめ」を策定し、エコドライブを推奨しています。

みなさんも、地球と財布、そして人にやさしいエコドライブを実践しましょう。

エコドライブ10のすすめ

  1. ふんわりアクセル「eスタート」
  2. 車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
  3. 減速時は早めにアクセルを離そう
  4. エアコンの使用は適切に
  5. ムダなアイドリングはやめよう
  6. 渋滞を避け、余裕をもって出発しよう
  7. タイヤの空気圧から始める点検・整備
  8. 不要な荷物はおろそう
  9. 走行の妨げとなる駐車はやめよう
  10. 自分の燃費を把握しよう

各項目の詳細は、国民運動「COOL CHOICE」のホームページでご確認ください。

エコドライバーイラスト

その他

京丹後市は、国民運動「COOL CHOICE」に賛同しています。詳しくは、下記リンクをご覧ください。

クールチョイス京丹後のイラスト
この記事に関するお問い合わせ先

市民環境部 生活環境課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0240 ファックス:0772-62-6716
お問い合わせフォーム

更新日:2019年06月11日