「平成30年度京丹後市自立循環型資源利活用促進支援補助金(第1次)」公募について

 本市において潜在する再生可能エネルギーと再資源化が可能な家庭ごみ等を有効活用する取り組みの推進は、循環型社会の形成と地域の持続可能性にとって大変重要な課題となっています。

 また、再生可能エネルギー設備等の普及拡大に伴い、地域に賦存する地産地消エネルギーを分散・循環型利用することの重要性が高まっていることから、京丹後市では、自立循環型資源のさらなる利用促進と効率的利用の実現、地域内エネルギーコストの最小化と消費行動の変化を推進し、地産資源と市民生活の好循環を形成し、安全で安心して暮らせるまちづくりを進めることとしています。

 この補助金は、京丹後市市民太陽光発電所の売電収益の一部を活用し、市民及び市内事業者が進める自立循環型の資源利活用事業に対し、京丹後市補助金交付規則及び京丹後市自立循環型資源利活用促進支援補助金交付要綱に基づき、予算の範囲内で補助金を交付する支援事業です。

1.事業の名称

平成30年度京丹後市自立循環型資源利活用促進支援補助事業

2.事業の内容

(1)補助金の交付対象

下記システムの市内拠点(建物等)への設置・施工に要する費用

補助金の交付対象の詳細
  対象システム区分
1 自給型発電システム 再生可能エネルギーを利用して発電した電気が、当該システムの設置された建物等で消費され、連系した低圧配電線に余剰の電気が逆流されるもの
発電設備の最大出力またはパワーコンディショナの定格出力いずれかが、10キロワット未満であること
2 再資源化システム 家庭系食品残さ等を処理し、再資源化とごみの再生利用または減量化に資する強制処理システムであって、設置された建物等を中心とする生活圏において当該システムが使用されるもの
3 木質燃料利用システム 設置された建物等において当該システムが使用されるもの
木質資源をエネルギー利用するシステムであること
4 太陽光発電設備・蓄電池設備新規同時導入システム 太陽光発電設備は、上記1に同じ
蓄電池設備は、1キロワットアワー以上の電池容量、500ワット以上の定格出力で、蓄電池、充電器、変換装置一体型であること

(注意)対象システム毎に設けられた各種交付条件に注意してください。
例1)未使用品、未着工であること。
例2)補助事業者による使用であること(発電した電気を含む)。
例3)市内の設置施工等業者の設置・施工、または一部施工等を伴うこと。

(2)補助事業の対象

市内に居住、本社または生産等の拠点を有し、または有する予定の電力受給契約を結ぶ個人(個人事業主を含む)、法人、建物の区分所有等に関する法律(昭和37年4月4日法律第69号)第25条第1項に規定する管理者、地方自治法(昭和22年法律第67号)第260条の2第1項に規定する地縁による団体、または自治会とし、補助システムを自ら使用する方で、市税(これに付帯する延滞金及び督促手数料を含む)の滞納がない方。

(3)補助金の交付金額

補助金の交付金額の詳細
  対象システム区分 補助金の額
1 自給型発電システム 1キロワットあたり10,000円(上限額10万円)
公称最大出力を係数とします
2 再資源化システム 定額10,000円
取得費(対象経費)5万円以上
3 木質燃料利用システム 定額50,000円
取得費(対象経費)50万円以上

4

太陽光発電設備・蓄電池設備新規同時導入システム 太陽光発電設備に係る1キロワットあたり10,000円(上限額10万円)の市の補助金に加え、京都府の補助金を追加してご利用いただくものです。
詳しくは次の(4)追加支援をご参照ください。

(4)追加支援

個人宅へ太陽光発電と蓄電池をセットで新規同時導入する場合に限り、以下の「京都府家庭向け自立型再生可能エネルギー導入事業費補助金」による追加支援を活用できます。詳細は、募集要領でご確認ください。

追加支援(府補助金)の概要
  対象区分 補助金の額
1 太陽光発電設備  1キロワットあたり10,000円(上限額4万円)
 ※公称最大出力を係数とします
2 蓄電池設備

1キロワットアワーあたり50,000円(上限額30万円)

上記1、2の各システム取得に要した1システムごとの経費に対し、それぞれ2分の1の額を超える補助金交付は行いません。

(5)提出書類

  1. 自立循環型資源利活用促進支援補助金交付申請書(様式第1号)
  2. 補助事業計画書(申請様式1)
  3. 事業(取得)経費内訳書(申請様式2)
  4. 着工前の現況写真(申請様式3)
  5. 関係図面(構成図面・結線図面・システム配置計画図面)
  6. 所在証明・所有証明書類(住民票・会社謄本、登記簿謄本、同意書など)
  7. 口座登録申請書(登録様式1)
  8. 手続き代行・代理業務書類(登録様式2、確認書・委任状・資格証明)
  9. 国民運動「COOL CHOICE」賛同宣言書(賛同様式1または2)
  10. その他必要と認める書類(注文書・見積書・カタログなど根拠書類)

※提出書類の詳細は、「手続用提出書類チェックシート」で必ずご確認ください。

3.申請書の提出

(1)受付期間

平成30年7月13日(金曜日)17時00分まで(必着)

  • 期間中の申請は、随時受け付けます。
  • 期間を過ぎての申請は受け付けません。
  • 予算執行の状況に応じて、第2次公募を行います(予定)。

(2)提出方法

持参または郵送による(受け付けは市の定める休日、時間外を除く)

(3)提出部数

1部(正本1部)
提出後の書類は返却しません。

(4)提出先

〒627-8567 京都府京丹後市峰山町杉谷889番地
京丹後市 市民環境部 生活環境課
(電話番号)0772-69-0240 (ファックス)0772-62-6716
(Eメール)以下のメールリンクから送信してください。

※公募の詳細・申請書類等は、以下でご確認ください。

4.公募の詳細

5.申請書類(様式)等

この記事に関するお問い合わせ先

市民環境部 生活環境課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0240 ファックス:0772-62-6716
メールでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年04月01日