土地所有権移転のないまま、市道になっているところがありませんか

土地所有権移転のないまま、市道になっているところがありませんか。通常では考えられませんが、どうなっているのですか。

(山腰芳樹 網野町 60代 男性)

回答

未登記となっている箇所を整理しております

ご指摘のとおり、通常ですと分筆、所有権移転登記がなされずに認定道路となっていることは、考えられないことと認識しております。最近の道路改良等の状況ですと、地権者の方に用地をお世話になった場合、用地の測量を実施し分筆、所有権の移転登記を行い道路区域としております。
未登記で残っていた案件を見ますと、道路隣接者の持ち寄りにより道路拡幅を行い、底地整理を行わなかったものや、用地測量は実施したが相続等何らかの理由により移転登記までに至らなかったものなど、いろいろなケースが存在します。
市では、少しずつではございますが毎年未登記整理予算の確保を行い、未登記の整理を実施しております。今後につきましても、地権者の皆様にご協力を頂くなかで未登記整理を実施して行きますので、ご理解頂きますようよろしくお願い致します。

担当課

建設部 管理課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日