福祉タクシー利用券とガソリン利用券の交付金額の見直しが必要ではないですか

福祉タクシー利用券12,000円分に対し、福祉ガソリン利用券が1,500円分しか交付されないのはなぜですか。在宅介護で歩くことができず、家族の介護がないと車で病院に行けないような対象者は、タクシー利用券を申請すべきかもしれませんが、十分にタクシーが利用できる状況にもありません。その時代にあった制度の見直しが必要ではないでしょうか。

(60代/男性)

回答

現在のところ見直す予定はありません。

市では、障害のあるかたの外出支援と社会参加を推進するため、年間12,000円分の福祉タクシー利用券、または年間1,500円分の福祉ガソリン利用券を交付しています。

金額で比較すると大きな差がありますが、12,000円分のタクシー利用券で移動可能な距離を、自家用車で移動した場合のガソリン代に換算して、ガソリン券は1,500円分としています。

なお、この金額設定については定期的に調査・検討を行っていますが、現在のところ変更する予定はありませんので、ご理解いただきますようお願いします。

担当課

障害者福祉課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日