市の臨時職員の給与について、時間単価に比べて日額単価が低いのはおかしくないですか

市の臨時職員の給与ですが、1日働いた場合、日額での計算となり、時間給で計算した給与より低くなります。市の条例で決まっているとのことですが、時間給で計算した額より日額の方が低くなるのはおかしくないでしょうか。

回答

時間単価に比べ日額単価が低いということはありません

京丹後市の臨時職員賃金は、職務内容や責任の程度に応じて職員の給料月額を算出基礎として、日額単価を算出しています。

以前は、勤務時間の短い臨時職員に配慮して、日額単価よりも時間単価を割高に設定していましたが、平成27年4月の賃金引上げ時に算出方法を見直しており、時間単価に比べ日額単価が低いということはありません。

担当課

人事課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日