厳粛な選挙会(開票作業)となるよう立会人に指導してください

先日見に行った市長選挙・市議会議員一般選挙の開票作業の会場で、立会人がポケットに手を入れながらウロウロしたり、携帯電話で話をしたりする姿が見られました。選挙管理委員会は、もっと厳粛な雰囲気の開票となるよう、立会人に対して指導すべきではないですか。

(60代/男性)

回答

運用上の点検を行い、改善に取り組みます

  1. 選挙会場内における立会人の巡回について
    選挙会では、開票事務が適正に執行されているかを立会人に確認してもらうため、会場内の巡回を認めています。しかし、巡回時の行動については、今回のご指摘を踏まえ、厳粛な進行となるよう、巡回範囲、動作について検討を行い運用していきます。
  2. 携帯電話の使用について
    選挙会場内における立会人の携帯電話の使用については、マナーモードを徹底するとともに、立会中は会場内で使用しないよう指導を行います。
  3. 選挙管理委員会による指導について
    今回のご指摘を踏まえ、厳粛な選挙会の執行となるよう、再度運用上の点検を行い、改善します。

担当課

総務課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日