災害時に中心となる部局が市役所近くに建設予定の新庁舎に配置されると聞きました。災害が起きても大丈夫でしょうか

市役所の近くに建設予定の新たな庁舎に、網野庁舎にある建設部・上下水道部・商工観光部、大宮庁舎にある農林水産環境部が集められると広報紙に書いてありました。

しかし、市役所前の駐車場は峰山町時代から防災広場として温存されていたものです。昭和2年に発生した丹後震災では峰山の市街地は火災で全滅した過去があります。また、4月に発生した熊本地震では、被災時の砦になるべき庁舎が使用不能になっている自治体が数カ所あります。

建設部・上下水道部・農林水産環境部といえば地震後の復旧の中心となる部局です。すぐ動けないと困ります。整備計画を見直しされたほうが良いと思います。

(60代/男性)

回答

耐震性を確保した災害に強い庁舎の建設を計画しています

本市では、京丹後市役所本庁機能集約化基本方針に基づき、更なる市民の利便性及び行政運営の効率性の向上を図るため、既存の防災倉庫を取り壊し(防災倉庫は別の場所に設置)、峰山庁舎の増築棟を建築する等の本庁舎整備を進めています。

峰山庁舎前の駐車場については、京丹後市防災計画において、火災時の避難場所に指定されていますので、必要な面積を引き続き確保することとしています。

また、建設部・上下水道部・農林水産環境部などを峰山庁舎の増築棟に配置する計画としていますが、増築棟についても、庁舎の耐震性を確保し、災害に強い庁舎の建設を計画しています。

本市では、市民の本庁舎整備検討委員会、市議会の意見を伺いながら、本庁舎整備を進めているところです。

担当課

企画政策課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日