市指定ごみ袋が使いにくいです

市指定ごみ袋の30リットル、45リットルのものは、伸びない素材で、取っ手もないので、非常に結びにくいです。解けやすいとも思います。他の自治体の指定ごみ袋も見ましたが、大抵もう少し扱いやすい素材か、そうでない場合は結ぶところが付いているように思います。お年寄りには特に扱いにくいのではないでしょうか。何とか改善されないでしょうか。

(匿名)

回答

ごみを入れたときの重さなどを考慮し、現行の材質・形状を採用しています

市指定ごみ袋は、袋の大きさやごみを入れたときの重さなどを考慮し、現行の素材を採用しています。取っ手については、ごみを入れたときの重みで切れる可能性があるため、30リットル、45リットルの袋には付けていません。

「ごみ袋」という使途と製造コストとのバランスを考慮して、現行の素材・形状を採用していますが、より良いごみ袋となるよう改善に向けて検討していきますので、ご理解いただきますようお願いします。

担当課

市民課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日