休日でも市内の病院で小児科を受診できるようにしてください

休日に子どもが病気になり、当番医に電話すると受け付けてもらえなかったり、市外の病院を紹介されたりすることがあります。市内で休日でも小児科を受診できるようにしてもらいたいです。

(匿名)

回答

お子さんの状況により、他の病院を紹介させていただくことがあります

市内の救急病院は、丹後中央病院、市立弥栄病院、市立久美浜病院の3病院ですが、休日や年末年始における急病患者の診療業務については、3病院2医院に委託して実施しています。

休日応急診療を受診される際、小児科受診の場合は、あらかじめ当番医に電話で相談いただくこととしており、お子さんの状況によっては救急病院を紹介することもあります。

現在、市内における小児科医師は5名と少なく、休日および夜間の医療体制は基本的に小児科以外の医師が当直勤務しているのが現状です。当直医師の専門診療科以外の患者さんに対しては、当直医師が患者さんの状態をお聞きし、他の医療機関をお勧めする場合もあるかと思いますが、その判断はそれぞれの医師に委ねられています。市民の皆さんの小児医療に対するご期待に応えられるよう努めてまいりますが、厳しい医療体制の現状をどうかご理解いただきますようお願いします。

担当課

医療政策課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日