「ポケモンGO」を観光振興に活用してはどうですか

世間を賑わせているゲームアプリ「ポケモンGO」を活用し、観光客に市の隅々まで見てもらってはどうでしょうか。

(男性)

回答

本市の掲げる観光戦略のコンセプトや危険性などを考慮し、積極的な活用は控えます

国内での配信開始以降、一気に脚光を浴びている「ポケモンGO」ですが、このようなゲームを活用した観光振興については、各地で関心が寄せられており、実際に「ポケモンGO」を観光誘客へ活用している地域もあります。

しかし、「ポケモンGO」が観光誘客に繋がったとしても、地域特有の観光資源に魅力や愛着を感じて来る人はほとんどなく、一過性のものとなり、期待されるほどの滞在促進や観光消費、リピートには繋がりにくいことが考えられ、「和の源流」、「極上のふるさと」といった、海の京都や本市の観光戦略のコンセプト・イメージと一致するものではありません。

また、すでに報道されているように、「ポケモンGO」の利用に起因する事故の発生も懸念されています。

以上のような状況から、特に事故につながる可能性が否めない中で、市として積極的な活用を促すことは好ましくないと考え、当面は推移を見守ることとします。

担当課

観光振興課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日