パスポート申請の窓口と戸籍の窓口を一元化できないでしょうか

パスポートを取りに行くと、戸籍が必要と言われました。パスポートの窓口で戸籍が取れるようになるか、役場でパスポートが取れるように窓口を一元化できないでしょうか。

回答

旅券発給、戸籍に関する事務は、それぞれ法律によって窓口が定められています

旅券発給申請の受付、作成、交付は、旅券法第21条の2及び同第21条の3に規定された国から都道府県への法定受託事務であるため、京丹後市ではその事務の取り扱いができません。(都道府県から市区町村へ権限移譲をし、市区町村で旅券発給事務を行っているところもありますが、京都府は権限移譲されていません。)

また、戸籍事務については、戸籍法第1条で「戸籍に関する事務は、市町村長がこれを管掌する。」と規定されていますので、旅券事務所で交付することはできません。

したがって、京丹後市の6つある最寄りの市民局窓口で戸籍謄抄本等をご準備いただいた上で、府内の旅券事務所でパスポート申請の手続きをしていただくこととなります。京丹後市の最寄りの旅券事務所は、丹後広域振興局となります。

担当課

市民課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日