峰山町内の危険な通学路の安全対策をお願いします

全国で発生している通学路での交通事故の多くは、通学路の不十分な整備が原因となっています。峰山町荒山から菅を通る市道中川新治五反田線は、交通量が多く、大きな側溝のせいで道幅が狭くなっているため、いつ事故が起きてもおかしくない状況です。側溝に蓋をする、分離型の信号機に変えるなど、安全対策をお願いします。

(40代/男性)

回答

関係機関と共に調査を行い、必要な安全対策を講じています

ご指摘いただいている通学路(市道中川新治五反田線)については、平成26年度に警察・教育委員会・道路管理者等による合同点検を実施し、状況を確認しました。

安全対策として、外側線の絞込や側溝の100メートル余りに蓋かけを行い、歩行スペースの確保を図っているほか、ドライバーの安全意識を喚起するため、路肩のカラー舗装を行いました。さらに、児童の登下校時には、にこにこカー、教職員やボランティア等による見守り活動も実施しています。

本道路は峰山町内の幹線道路であり、朝の通学・通勤時間帯には交通量も多いため、分離型信号機の設置についても公安委員会(警察)に調査依頼を行います。

通学路の安全確保に向け、引き続き、関係機関と連携しながらさらなる整備を検討していきたいと考えています。

※通学路の安全確保について詳しくは過去のご意見(平成28年度.No.27)(別ページへリンク)をご覧ください。

担当課

学校教育課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日