歩行者の交通事故防止対策の徹底を呼び掛けてください

早朝や夕暮れ時などの暗い時間帯に、反射材を付けず、懐中電灯も携帯せずに、散歩やジョギングをされている方がいます。車を運転する人に見えづらく、非常に危険なので、歩行者の交通事故防止対策の徹底を呼び掛けてください。

回答

交通事故防止に向け、定期的に広報・啓発活動を実施していきます

市では、夜間の交通事故を防止するため、特に日照時間が短くなる秋から冬にかけて、防災行政無線等で歩行者への反射材の着用や懐中電灯の点灯などを呼び掛けています。

また、年に4回ある交通安全運動の運動期間や京丹後市防犯の日(毎月15日)、京丹後ちりめん祭、その他の街頭啓発活動において、京丹後警察署や京丹後市交通安全指導員などの関係機関、団体と協力して、反射材物品の配布を行っているほか、市民の方に許可をいただいた上で着用靴へ反射シールを貼り付ける活動にも取り組んでいます。

今後も定期的に、防災無線等を活用した広報や街頭啓発活動を実施していきます。

担当課

市民協働課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日