市道小浜通りのセンターラインが消えています

市道小浜通りには、以前、センターラインが引いてありましたが、消えている箇所があります。新たに引き直すことはしないのでしょうか。

回答

歩行者の安全を確保するため、センターラインは設置しないこととしています

本市の道路構造の基準となる「京丹後市道路法に基づく市道の構造の基準を定める条例及び同施行規則」では、センターラインを引くことができる道路幅員は6.5メートル以上となっています。

センターラインを引くことにより車線が明確に区別され、対向車とのすれ違いがしやすくなるメリットがありますが、車両スピードが速くなったり、車両の走行場所が歩行者と近くなったりするなど、歩行者等の安全に支障をきたす可能性があります。

ご指摘のあった市道小浜通りは、昭和40年代前半に作られた道路で、当時はセンターラインを設置していました。

しかしその後、歩行者の安全性を確保するために本道路に歩道及び路肩を整備したことにより、場所によっては道路幅員が6.5メートル未満となり、センターラインが引けなくなりました。

対向車のすれちがい等にはご不便をおかけしますが、ご理解いただきますよう、お願いいたします。

担当課

管理課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日