備蓄用マスクの配布【新型コロナウイルス感染症対策】

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、市内でもマスクが品薄な状態になっています。市では、医療機関、高齢者施設などへ備蓄マスクを配布しました。

高齢者福祉施設及び障害者福祉施設への配布

【内容】4月末までに、不足する枚数を配布する。

【実績】令和2年4月22日現在、30施設に対して79,000枚を配布済み。

妊婦への配布

【内容】市内に住所を有しており、現在妊娠中の方に、子育て世代包括支援センター「はぐはぐ」(京丹後市峰山町杉谷・峰山総合福祉センター「健幸館」内)にて配布する。

【配布開始日】令和2年3月2日(月曜日)

※母子健康手帳を確認の上配布します。

※配布は開庁日の午前8時30分から午後5時

北丹医師会への配布

【内容】北丹医師会からの要請を受け、マスクを配布する。

【実績】令和2年3月30日現在、10,000枚配布。

京都府丹後歯科医師会への配布

【内容】京都府丹後歯科医師会からの要請を受け。マスクを配布する。

【実績】令和2年4月23日現在、6,000枚配布。

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 健康推進課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0350 ファックス:0772-62-1156
お問い合わせフォーム

更新日:2020年05月08日