聖火リレー

東京2020オリンピック聖火リレーのルートが決定!

 東京2020オリンピック聖火リレーの全国都道府県内各市町村のルートが、令和元年12月17日、大会組織委員会より発表され、京丹後市内のルートは網野町八丁浜周辺(浅茂川漁港スタート~八丁浜小浜キャンプ場付近ゴールの約2.2キロメートル)に決定しました。

 聖火リレーは、2020年3月26日、福島県で国内でのスタートをした後、全国47都道府県857市区町村を121日間かけて巡り、7月24日の開会式にて、メインスタジアムの聖火台に点火されます。

 

 聖火は兵庫県から京都府へと引き継がれます。京都府では、令和2年5月26日(火曜日)に京丹後市を出発し、翌日の京都市を走り終えた後、次の滋賀県に聖火を引き継ぎます。なお、京都府内のリレールートは次のとおりです。

・1日目【令和2年5月26日(火曜日)】

京丹後市⇒宮津市⇒舞鶴市⇒綾部市⇒福知山市⇒長岡京市⇒亀岡市

・2日目【令和2年5月27日(水曜日)】

宇治市⇒宇治田原町⇒城陽市⇒木津川市⇒精華町⇒京田辺市⇒八幡町⇒久御山町⇒京都市

 

京丹後市内の詳細なルートは次のとおりです。

スタート:浅茂川漁港 ⇒ ゴール:八丁浜小浜キャンプ場周辺 約2.2キロメートル

聖火リレールート(京丹後市)(JPEG:171.6KB)

聖火リレールート決定に係る市長コメント(令和元年12月17日)

 京丹後市のルートに選ばれた八丁浜周辺は、ユネスコ世界認定を受ける山陰海岸ジオパークの美しい海岸線を望む、風光明媚なルートであり、京丹後市が誇る豊かな自然の魅力を発信することができる場所です。

 今後、関係機関や市民の皆様のご支援、ご協力をいただきながら、何より、安全でスムーズな聖火リレーの準備・運営に全力を尽くすとともに、聖火リレーを通じて本市の魅力が国内外に発信され、さらに東京オリンピック・パラリンピックの盛り上げにつなげることができればうれしく思います。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 生涯学習課 スポーツ推進室
〒629-2501
京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0630 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2019年12月18日