特定事業所の騒音により病気を発症しました。市の回答に疑問があります。

特定事業所より騒音が発生し生活環境が壊され病気を発症しました。

市からは「騒音規制法及び京都府条例は指定地域外なので適用されません。今までもこの見解で対応してきました」との回答でした。
しかし、私たちの身近にある「第2次総合計画」には7つの目標があり、そのうち、
2 美しいふるさとの自然環境を守り次代に継承するまち
3 健やかで生きがいのある暮らしを実現するまち
4 安全で安心して暮らせるまち
7 誰もが幸福をますます実感できる市民総幸福のまち とあり、

「京丹後市環境基本計画」には
・環境の保全に市は、すべての施策事業を推進するに当たって、環境政策を基底として、環境への影響に配慮し、全庁あげて計画の実現に取り組みます。
・対象地域を京丹後市全域とします。
などの記載があります。

市の回答との整合について、回答をお願いします。

(70代 男性)

回答

総合計画における目標に対する基本方針では、総合的な見地から体系的に整合を図っています

総合計画における目標に対する基本方針では、「自然エネルギー利用による資源の循環」「再生可能エネルギー等の積極的導入」を置くものであり、総合的な見地から体系的に整合を図っています。

行政計画は、ある一定の分野に対して具体的な目標を設定し、その実現に向けた長期的かつ体系的な手段を総合的に示す行政活動として策定しています。

ご指摘にある総合計画及び環境基本計画にあっては、私人に対して整合を予定し、かつ法的な拘束力を示すことを目的とするものでなく、策定の背景、目標の設定とこれを推進するための手段を体系間において総合的に整合を図り、施策を進めることを目的としています。

担当課

生活環境課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2019年07月10日